ドルフィンギターズ大阪江坂店ブログ

本日の作業 バリとり

<本日の作業> バリとり
”バリ”とはフィンガーボードの両端からフレットが飛び出る症状を言います。”なんかフレットひっかかるなー”、”ネック触ったらなんか痛いなー”と感じた経験があるプレイヤーさんも多いかと。
これは木の収縮が原因だと考えられます。特に冬場、乾燥時期になると、木が収縮します(逆に湿気が多いと水分を吸い込み膨張します)。収縮するといっても定規で計測できないほどの数値なので見た目にはまず分かりません。しかし人間の指先の感覚は、顕微鏡レベルの変化も敏感に感じ取ってしまうのです。
フィンガーボード(木)とフレット(金属)は全く性質の違う物。乾燥時期にフィンガーボードが収縮してもフレットは当然そのままの状態をキープします。だって金属だから。結果フレットの両端がフレットから飛び出てしまいます。厳密に言うと、フレットが飛び出たのではなくてフィンガーボードが小さくなっただけですが。
暖かく湿気のある季節まで待つと戻る場合もあるのですが、戻らない事もあります。
そんな場合は、削ってしまいます。同時にフレットサイドのクリーニングにもなり、すっきりします。症状によっては、フレットサイドを丸める処理なんかをプラスすれば、見違えるほどに左手のプレイヤビリティが向上します。ギターは、まさに生き物、植物、生命を感じる道具、だと思います。
ドルフィンギターズ リペア担当 木曽





コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

ピエゾピックアップ再考

6本の弦の圧力を電気信号に変換するインブリッジタイプのピエゾピックアップは今やアコースティックギターピックアップの代表格とも言えるでしょう。そしてOvationを思い浮かべる人も多いかと。エレアコとして販売されているほとんどがこのタイプです。

ピックアップ業界は日進月歩、安価でクオリティーの高い製品がどんどん発売され、たとえば10年前の製品と性能を比較すると、正直なところ”雲泥”の差です。まるで携帯電話。

取り付けの際に確認する点は、1弦〜6弦までがバランスよく出ているかという事。たとえば4弦が小さくて3弦が大きい、6弦が大きくて2弦が小さい、低音側が小さくて高音弦側が大きい等、など、目に見えるものではないだけに消去法的に原因を突き止めていく作業になります。

そして原因は一様ではありません。ブリッジ溝の底の凹凸の有無やサドル下の平面性や厚みのフィッティングサドル骨密度、素子の圧力をかける場所や素材との相性、ピンからサドルまでの角度、ピックアップ素子自体の個体差、、、、。
もう無限的に存在する要素。ブリッジ下に敷かれたわずか7センチほどのピエゾ素子にバランス良く圧力をかける事がそんなにも難しいものかと、、、楽しくも頭を悩ませてくれます。

またフィッシュマンのような硬い素子はサウンドはタイトめ、LRバッグスやB・BANDのような柔らかいフレキシブルなタイプは弦の圧力の影響を敏感に感じ取ってしまうせいか柔らかなサウンドの傾向があります。

奥が深すぎるピエゾピックアップの世界、考え出すと夜寝れなくなります。
再考(さいこう!)

ドルフィンギターズ リペア担当 木曽


コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

本日の作業 マーティンのピックガード浮き補修

マーティンのピックガードは1960年代の半ばごろより、それまでの鼈甲柄のセルロイド製からブラックのアセテート製に変更されます。同時にロングサドル→ショートサドル、Tバーロッド→SQロッドにも変更されます。この一連の流れは工場拡張移転に伴うマイナーチェンジだと思われます。
で、このアセテート製のピックガードはよく変形します。中にはストーブの上の”スルメイカ”のような状態になるものもあり、ここまで来ると流石に新しいものに交換となります。アセテートはセルロイドよりも湿気の影響を受けやすいのかな?とも思われます。
軽微なものは、オリジナル度を尊重するため、接着剤を流し込んで現状維持のリペアとなります。そんな少々厄介なピックガードですが、この時代のものは、塗装の下にピックガードがある為、ボディとの一体感があり抜群にカッコ良いのです。通称”塗り込みピックガード”です。そんなことで1980年代の半ば頃に廃止されるんですが、今となっては希少なデティールです。
後世にも残したい。ドルフィンギターズ リペア担当 木曽






コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント
ドルフィンギターズ東京恵比寿店ブログ

コリングスが新たに手がけたトラディショナルシリーズ!



テキサス州オースティンのギターメーカー"コリングス"
モデルOM-2Hは設立当初から現在まで代表的モデルとして知られます。そんなコリングスから今年発表された「トラディショナルシリーズ」をご存知でしょうか?これまでとは"違う製法"にて組み上げられており、サウンドキャラクター自体、これまでとは別物です。
トラディショナルシリーズ発売後、本国アメリカでは非常に評価が高いと聞きますが、ここ日本ではその威力はまだまだ知られてません。



本日、ギタリスト荒谷みつるさんが来店されまして、長年コリングスをみてきた荒谷さんが初めてトラディショナルを弾きました。
特に、事前情報はお伝えせずに弾いてもらったところ

「このギターは何年ものですか??」

そうなんです、そこなんです。実はこのOM-2H T、恵比寿店の数あるコリングスの中でも最新作なんです。完成後約1ヶ月半というところでしょうか。しかしながらすでに何年、何十年も弾き込まれたかのような音抜けの良さ、箱鳴り、余裕あるボリュームに、透明度抜群のトーンなどなど、これまでになかったサウンドです。ヴィンテージマーティンの"箱鳴り"をご存知の方には解りやすいかと思いますが、あの鳴り方や抜けの良さ、ロングサスティーンなどなど、長年弾き込まれたかのような"鳴り"を再現しております。当然サウンド・トーンこそはヴィンテージにはなりませんが、真新しいギターとは思えないサウンドです。「物凄い低音が出る」のではなく、あくまでサウンドバランスを重視しております。
狙ってこのサウンドを作り上げるビル・コリングスはやはり天才ですね。

今もなお進化しつづけるギターメーカー"コリングス"
サウンドのみならず木工精度や塗装技術の高さ、長年使用することを考えての強度面など、まさにパーフェクトクオリティです。

OM-2HとOM-2H Traditionalを比較した動画を収録しました。この出音からでもサウンドキャラクターの違いはハッキリと聴き取れるかと思います。



現在恵比寿店にはOM-2H Traditional
江坂店にはD-1 Traditional をストックしてます。これまでになかったサウンドを体感ください。

過去にテキサス州オースティンのコリングスファクトリーへ行った際のレポートをこのブログで紹介しました。興味のある方はご覧ください。
コリングスファクトリーレポート 1
コリングスファクトリーレポート 2

もっと詳しくお話ししたいですが、ここでは書ききれませんので、店舗にてすべてご説明させていただきます。照屋




<恵比寿店> ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   コリングス    ギター教室 ギターショップ 押尾コータロー グレーヴェン ギター修理

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

GREVEN JAPANついに入荷!



オレゴン州のギタールシアーJohn Greven氏の全面協力の下、新たに”GREVEN JAPAN”の誕生です。
押尾コータロー氏の為にJohn Greven自身が設計、監修を行い、日本の熟練製作技術で完成した”New Oshio-D”。
ラインナップはホンジュラスローズウッドモデルとインディアンローズウッドモデルの2機種。それぞれにノンカッタウェイ/カッタウェイモデルが用意されています。

画像はインディアンローズS&B "Oshio-D IR"

プロトタイプや製品版までJohn Greven氏のチェックが入り、"公認"となっただけあって、サウンドまで見事なまでに仕上がっております。サウンドの迫力やミッドレンジの独特なニュアンスまで表現されており、素晴らしい個体です。
こちらは現在お試しいただけますので、興味をお持ちの方はぜひお越しください。







<恵比寿店> ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   コリングス    ギター教室 ギターショップ 押尾コータロー グレーヴェン ギター修理

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

亀岡ギター久々の入荷です


KAMEOKA : KMD-Cutaway (Jacaranda)

愛媛県松山市の個人製作家 亀岡隆之。亀岡ギター久々の入荷は"KMD Cutaway"ハカランダモデル。
2008年に製作された個体で、サウンド・コンディションともに素晴らしいUSED品です。メンテナンス・セットアップを施し、近日UPします。詳細は恵比寿店までお気軽にお問い合わせください。

亀岡ギターは新作の入荷も非常に少なく、ここ近年は年間でも1本ほどでしょうか…常にバックオーダーを抱えており、こんなに素晴らしいギターをなかなかご紹介できずにおりますが、2017年の新作もご期待ください。

亀岡ギターのカスタムオーダーもドルフィンギターズにお任せください。オーダーお見積もりフォームはこちら







<恵比寿店> ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   コリングス    ギター教室 ギターショップ 亀岡ギター スイッチ  ヴィンテージ ギター修理

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント
ドルフィンギターズ大阪江坂店ブログ

最近の記事

ドルフィンギターズ東京恵比寿店ブログ

最近の記事