ドルフィンギターズ大阪江坂店ブログ

本日のヴィンテージギターその① 1946年製 Epiphone/Blackstone

”エビフォン”と聞いて、リーズナブルなブランドのイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、嘗ては1920年代より続く老舗ジャズギターブランドとしてハイクオリティーな楽器を製作する工房でした。

紆余曲折ありながらも1958年にギブソン傘下におさまり、1970年代からは日本製の製造も始まり(高校の時、東京の楽器店の定員さんからこの事実を教えて貰った時のショックといったら)なんだかんだで自社工場を持たないブランドとして現在に至ります。ちなみにギブソン傘下に収まりたくなかった職人さんが立ち上げたブランドが”GUILD”です。GUILDも良いブランドですよ!

本器は、ニューヨークの自社工場で製造していた頃の所謂オリジナルのニューヨークエピフォンです。リーズナブルなエビフォンしか知らない若い子が見たら、まったく違う作り込みにびっくりするでしょうね。
フィンガーボードの極端なラディアス、ロゴのフォントの暴れ方、塗装の質感だったり、”味わい”の塊です。
ちなみに機種名が、いちいちカッコ良いのも特徴で、エンペラーだったりトライアンフだったり、フロンティア、エクセレントなどなど、あとテキサンもありましたね。で本器は”ブラックストーン”です。本当に素晴らしいネーミングの数々。。。        
あとシングルパラレログラムインレイはテキサンと同じなので、無理やりですがビートルズ好きにもオススメな気がします。ボディも小さいし抱えやすく音色もGOOD、女の子がカントリーブルースを弾くと良いだろうなーと勝手に想像したくなる一本でございました。ドルフィンギターズ 木曽




コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

本日の作業 ブリッジ再接着

最近本当にブリッジ浮きが多いです。今回のブランドはブリッジの接着面の塗装が剥がされておらず、直接ブリッジ材が貼られており、再接着の際に再発する可能性があると判断しましたので、トップ側の生地を露出させ接着する事にしました。

塗装を剥がすか剥がさないかは接着材の種類のチョイスにもよるのですが、僕は”極力タイトボンドを使いたい派”なのでそうしました。タイトボンドは木と木同士は強固にくっつきますが、塗装面と木の場合の接着力はかなり弱いのです。

タイトボンドを発明した”フランクリン社”は1930年代より木工接着材業界のトップに君臨しています。はみ出ても拭けるし(硬化した後でも!)、クローズドタイムも長いしetc,,,愛すべき接着材。タイトボンド大好きです。
ドルフィンギターズ リペア担当 木曽


コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

本日の作業 ヴィンテージウクレレのリペア

100年近く経過したヴィンテージウクレレをじっくり観察すると、軽微なクラックやブレイシング外れが意外と多く見つかります。演奏上問題ない場合もあるのですが精神的に良く無いのでリペアします。
ラベルやネジ、塗装の質感、ヴィンテージラバー(古いものを愛する人種)にはたまらんです。
当店ではヴィンテージウクレレの人気がじわじわと来ております。ハイスペックなウクレレに疲れたプレイヤーたちを癒してくれるクラシックなマーティンやカマカ、そして愛すべき無名ブランド。ぜひおいでください。
ドルフィンギターズ リペア担当 木曽


コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント
ドルフィンギターズ東京恵比寿店ブログ

ドルフィンギターズ・オリジナルブランド SWICTH CUSTOM GUITARS

ドルフィンギターズ・オリジナルブランド SWICTH CUSTOM GUITARS

これまで国内外問わず数多くのギターを取り扱いしてきた経験をもとに立ち上げたブランドです。2013年に製作を開始し、これまで様々なモデルを世に送り出してきました。
今回はSWICTH CUSTOM GUITARSの代表的なモデルを1本ご紹介します。

モデル SCOM-2HC
オーセンティックなOMスタイルにドルフィンギターズ独自のアレンジを加えたOM Cutaway。


トップはシトカスプルース、厳選し良質な材のみを使用しております。これも拘りの一つ。フィニッシュは下地にウレタンでベースを作り、ニトロセルロースラッカーで仕上げます。これにより経年変化による塗装のクラッキングが起きにくく、ラッカーで仕上げることにより美しい光沢を生み出します。良いコンディションを保つためにこの塗装工程を採用しております。


サイド&バックはインディアンローズウッド。こちらも入手できる中で可能な限り良質なものから使用します。木材が持つ音響特性は最も重要な要素ですが、木目や色合いなども選ぶ基準にもなりますからね。柾目が好きな方もいれば板目のワイルドな木目がお好みの方など実に様々です。


ヘッドプレートはエボニー材、SWITCHロゴはパールを仕様。ネックやヘッドトップのフィニッシュは演奏性を考慮してウレタン仕上げとしております。


ネック材はアフリカンマホガニー、ネックシェイプはソフトVシェイプ。ダイヤモンドボリュートの形状にも拘りました。ペグはGotoh SX510。Gotohオープンバックタイプの中でも特にスムーズな機能性です。ギヤ比は1:15



ナット・サドルは牛骨を使用。フレットは一般的なニッケルシルバーではなく、耐久性に優れたステンレスフレットを採用。削れにくく、錆びにも強く、長年に渡りメンテナンスフリーです。指板材はエボニー。指板Rは406mm(16")、43mmナット幅、648mmスケール。


カッタウェイのシェイプはベネチアン。近年の様々な演奏スタイルからカッタウェイモデルも好まれます。サウンドへの影響については常に話題に上がりますが、やはりカッタウェイは演奏性を重視。ハイポジションも多用される方にとっては必要でしょう。


SWITCHのラベル。ロゼッタリングは鼈甲柄とウッドパーフリングを組み合わせました。


SWICTH CUSTOM GUITARSはセミオーダーも可能です。トップ材やサイド&バック材を変更してのオーダーも受け付けております。トップ材はアディロンダックスプルース、ジャーマン、イングルマンなど。サイド&バックのオプション材はハカランダ、ココボロ、ホンデュラスローズなど。ご希望の仕様がありましたらお気軽にお問い合わせください。

<恵比寿店> ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   コリングス    ギター教室 ギターショップ スイッチ

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

FUJII GUITARS新作!今回もまたスゴい…

富山県在住ルシアー"藤井 圭介"製作 FUJII GUITARSの最新作。
FUJII GUITARS SJ Cutaway (German Spruce & Cocobolo)



今回はジャーマンスプルーストップ/ココボロサイド&バック仕様のSJ Cutaway。恵比寿店ショップオーダー品です。
毎回オーダーの際に藤井さんと相談させてもらい、その時にある極上の木材を選ばせていただいてるのですが、今回のココボロ材はプレミアムグレードです。



ご覧の通りストレートグレイン(柾目)の大変美しいココボロ材です。今やこれほどのグレードは滅多に手に入りません、こんなに良い材をストックしていた藤井さんはスゴいですね、、、さらに今回のSJに使ってくれたことも大変嬉しく思います。も〜僕らは木フェチですのでこれほどの材を拝めるだけで感謝・感謝です。もちろんトップ材のジャーマンも美しくシルキーで、こちらも超一級品です。

今回はオプションであるバックコンター加工(リブレスト仕様)を施しており、これが効くんです。抱えた際の身体とのフィット感は抜群で、このボディサイズですが長時間の演奏も疲れません。この効果は実際に抱えて弾いてみないと伝わらないかと思いますので、今なら恵比寿店でお試しいただけます。


最も重要なサウンドですが、これまたスゴいです。さらなる進化を遂げたサウンドクオリティに驚かされました、ボリュームやレンジの広さ、深みや表現力などすべてにおいて最高の仕上がりです。完成したばかりでこれほどのサウンドを作り込める藤井さんは凄すぎます…。
皆様にぜひ聴いていただきたいと思ってたところで、ギタリスト荒谷みつるさんがフラッと来店されたので弾いていただきました。
このサウンドいかがでしょうか?



ドルフィンギターズではFUJII GUITARSのカスタムオーダーを随時受け付けております。オーダーに関するご相談もお気軽にご連絡ください。

<恵比寿店> ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   コリングス    ギター教室 ギターショップ フジイギター

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

乾燥注意報!

今年に入り、続々と修理品が持ち込まれております。特に同じ症状のギターが連日(連日です)持込されてます。

内容は「音詰まり…というか音が全く出ないポジションがある」「弦高が低くなりすぎている、ネックが逆反りしているようです」「ネックを握っていると手がフレットに引っかかって痛い」といった事です。どのギターも共通しているのは「乾燥によるダメージ」です。
今シーズンは特に乾燥が激しいようで、今までになかったほど連日持込が続いてます…
まず弦高が下がっている原因はどれも逆反りではありませんでした。トップの沈みが原因であり、ブリッジ周りのトップが沈む(凹む)事によって弦高は下がります。
ギターの問い合わせでよく「トップの膨らみはありませんか?」と訊かれますが、乾燥によるトップの沈みは膨らむことの逆の動き方をしています。さらにトップのみならずバックも沈んでいるギターも数本お預かりしております…。どのギターもクラックは見られないのが幸いでして、この状態ならいつ割れてもおかしくない症状です。気をつけたいところです。フレットが引っかかって痛いのは過乾燥により指板が収縮しフレットが飛び出しているためです。

これらの症状はある程度の回復が可能で、適度な湿度を時間をかけて与えてあげることです。ここで気をつけたいのは急激に与えてしまうことです。目安としては45%〜50%の空間、またはハードケース内で保湿しながら保管しましょう。こうすることにより、まず分かりやすい変化はフレットのバリを感じなくなることです。縮んだ指板材が元に戻ろうとし、1日ごとに感じれると思います。
トップの沈みは徐々に徐々に回復傾向が見られ、音詰まりしづらくなり、弦高もある程度は元の高さに近く戻ります。
日頃から冬場は湿度に気をつけ、エアコン暖房を使用される場合は加湿器必須。そして弾かないときはハードケースにしまっておいたほうが良いです。ちなみに、乾燥によるダメージは上記の症状以外にも多数あります。
また、乾燥のダメージを受ける具合はギターによって異なる場合もありますが、ほんの少し木材の性質を把握していただけたら(木は動くもんだと)問題ありません。地域にもよりますが12月〜3月の間は過乾燥とならないようにしていただけたらこういった症状は出ません。木は生きていると思って管理してあげてください。管理するには信頼できる「湿度計」を持ちましょう(ウチの店では年中にらめっこです)。

ドルフィンギターズだけのデータですが、ここ連日と恵比寿店には持ち込まれてますが、江坂店にはそういった症状の持ち込みはあまりないそうです。実は関東(特に東京?)は全国的にみても湿度の低さ(乾燥レベル)はトップのようで、、、恵比寿店に集中しているのもちょっと納得。




<恵比寿店> ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   コリングス    ギター教室 ギターショップ ギターリペア

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント
ドルフィンギターズ大阪江坂店ブログ

最近の記事

ドルフィンギターズ東京恵比寿店ブログ

最近の記事