本日の作業 1960年代のD-28のPG作成

ネックリセット→フレット交換→PG作成と時間がかかりましたが、ようやくクライマックスです。
PGは雰囲気を考えて塗装することにしました。仕上がりは、やはり光りすぎたのでストローク傷を付けてエイジング致しました。ようやく完成です。弾きやすいヴィンテージD-28となりました。

ドルフィンギターズ リペア担当 木曽