本日の作業・サウンドホールクラックリペア

意外と多いサウンドホールクラックは見つかりにくい症状の一つと言えるかもしれません。軽度であればあるほど尚の事です。サウンドホール付近から”ミシミシ”といった音が聞こえた時に注意深くそのあたりを観察すると発見する事が出来ますが、”無音の場合だと指で押しながら地道に場所を特定して行きます。こういった作業は皆が帰った後にひっそりと作業致します。ドルフィンギターズ リペア担当 木曽


クラックは丸印の部分ですが、見た目ではまず分かりません。ミシミシ音が聞こえて初めて気付く症状。



貼り付けた際に、表面の木目と交差する木取りにして”木の絆創膏”を作成します。一生外すことの無いウッドバンドエイド。



アール部分とブレイシングの方向を確認しながら、微調整致します。



ぴったりと作成いたします。



クランプは一本の予定でしたが、実際に作業を進めると二本必要になりました。アクリル板を間に入れ丸一日固定です。その後、ミシミシ音は聞こえなくなりました。

ドルフィンギターズ 大阪 江坂 ギター アコースティック ウクレレ マンドリン ギター教室 ギターショップ スイッチ