本日の作業・崩壊したペグボタンの交換・グリスアップ

ヴィンテージペグのシールドカバーの丸みやラインの深さ、歯車、溶接の仕上げ、質感など、現代のものと比べると立体的に見えます。ほんの少しの事ですが、こういった部分がトータルデザインやパーツの雰囲気を決定づける要因であると個人的に考えます。”神は細部に宿る”とはよくいったものです。消耗したとしても使えそうな部分は極力オリジナルパーツを使いたいという気持ちは、もはや人情。
樹脂パーツの交換とグリスアップで、かなり蘇ります。ギア比を追い求める現代ですが、ある程度あれば十分かもしれません。カッコ良いオリジナルパーツが使えるのであれば、そんなデメリットは余裕で許容範囲でしょう。
そして、この作業は意外と手間と時間がかかります。ドルフィンギターズ リペア担当 木曽  


今回はヴィンテージのリッケンバッカーのラップスティールのペグを修復致します。





熱を与えながら樹脂パーツを外していきます。




外し終えた様子。




リプレイスメンツパーツの軸穴調整。





仮入れ。良い感じです。





マンドリンペグの修理も同時進行。接着剤は超強力な樹脂系のものを使用。





万力で押し込みます。圧入。入れすぎるとヒビが入るので、微妙な力加減が求められます。





ボタン交換、グリスアップを終えたヴィンテージペグ。次世代へ受け継がれることでしょう。

ドルフィンギターズ 大阪 江坂 ギター アコースティック ウクレレ マンドリン ギター教室 ギターショップ スイッチ マンドチェロ リペア