本日の作業・GIBSON A-50 マンドリンのオーバーホール

作業着手よりかなり時間が経過してしまいましたが、ゆっくりと作業は進んでおります。ほとんどの方は忘れていると思います。そもそも興味を持っておられないかもしれません。昨日の夜、ようやくフレットが全て打ち込まれフレットのエッジ処理へ。


マンドリンのオーバーホールで使用するフレットは、極力”バンジョーサイズ”を使う事にしています。理由は弾きやすくなるからです。

テンションが強い楽器は、押弦をいかに楽にできるかが決めてだと考えております。ヴィンテージマンドリンは、100%と言って良いくらい押弦がしにくいです。原因はフレットの高さと弦高にあります

高めのフレットと低めの弦高で、まったく別物の楽器へと生れ変わります。特にヴィンテージマンドリンは、素材が良いのでオーバーホールのしがいがあるのです。

おそらく普通のお店だと、ここまで手をかけないでしょう、理由はコストが合わないからです。時にはコストを無視してみるのも面白いです。 
ドルフィンギターズ リペア担当 木曽


ドルフィンギターズ 大阪 江坂 ギター アコースティック ウクレレ マンドリン ギター教室 ギターショップ スイッチ マンドチェロ リペア