ドルフィンギターズ大阪江坂店ブログ

<マーチンファクトリーツアー2019 -本社探索編->


2019年の6月に開催されたマーチンファクトリーツアーに、江坂店 三村が参加しました!


実際に現地で様々なギターを見て、オーダー用の材をセレクトし、貴重なギターに触れ、マーチンギターが完成するまでの製造過程を一つ一つ見て周ることができ、本当に贅沢な三日間でした。


今回は、マーチンファクトリーツアーのリポートをパート別に紹介していきます。





<マーチンファクトリーツアー2019 -本社探索編-



朝の9時前、C.F.MARTIN本社に到着。

宿泊ホテルからバスで10分ほどのところにC.F.MARTIN本社はあります。





雑誌でお馴染みのレンガ調の建物が見えた時は本当に感動しました。

バスから降りると、空気が程よくパリっとしていて爽やかで、いかにもギターが良い音で鳴りそうな陽気でした。




出入り口にはヘッドの形に敷かれたタイルがお出迎え。



そしていざ、マーチン本社に潜入!

後で気づいたのですが、出入り口のヘッド模様のタイルは社内のエントランスにまで続いていました。






円形の受付台はサウンドホール、床のタイルは指板とピックガードを象っていて、さらに後ろのテーブルはブリッジを表しています。

まるで、大きなギターの中にいるみたいでした。



エントランスを少し行くと、ハンク・ウィリアムスが所有していたとされているD-18が飾られていました。




ハンク・ウィリアムスと言えば、D-28のイメージが強いですが、どうやらこれは、1947年の3月にアラバマ州モンゴメリーのアーツミュージックショップからハンクが個人的に購入したD-18みたいです。


当時のラジオ番組、ルイジアナ・ヘイライドの公演や、その後のナッシュビルでの活動など、何度かこのD-18で演奏したそうです。

ブリッジピンの色が揃っていないところとかが妙に生々しいギターでした。


その他、至るところに珍しいギターや資料がディスプレイされており、エントランスだけて半日過ごせそうです。

探索の続きは次編で!


三村


====================================


当店の現在C.F.MARTIN在庫は下記の通りになります。

ヴィンテージからカスタムまで、レアな機種を多数取り揃えております。

この機会にどうぞご覧くださいませ!


C.F.MARTINリスト



<江坂店>lowden ローデン ドルフィンギターズ 大阪 江坂 ギター アコースティック ウクレレ マンドリン ギター教室 ギターショップ スイッチ SWITCH MATON メイトン リペア New York  井草聖二 松井祐貴 SANTA CRUZ  LARRIVEE Kirk Sand Issac Jang グレーベン GREVEN 押尾コータロー Kotaro Oshio 河野 桜井ギター Oshio-D Dowina ドウィナ Greven Guitars Japan  Seiji Igusa Breedlove Åstrand IKKO MASADA FUJII GUITAR KEYSTONE ASTURIAS Grand Solo Furch Water Road Guitars SUMI Guild PRS Paul Reed Smith Gibson Ervin Somogyi Tommy Emmanuel ハンクウィリアムズ D-18 D-28 ファクトリーツアー



コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

IWASHITA MANDOLIN

岩下マンドリンのトリファイド材をボディとネックに使用したスペシャルなスペックを持つ、TOKYO ハンドクラフト出展モデルのF-5が到着しました。
トリファイドは、近年マーティン社をはじめとするブランドが採用している木の細胞構造を科学的に変化させる事で、ヴィンテージのような温かみのあるサウンドを再現する特殊加工方法です。
見た目もやや深みのあるカラーとなっており、ヴィンテージのような風合いが楽しめます。

滑らかなサスティーンや優しいトーンはブルーグラス以外の音楽ジャンルにも使えそうです。日本でも数少ないマンドリン工房の魅力をお楽しみ頂ける逸品です!

<江坂店>lowden ローデン ドルフィンギターズ 大阪 江坂 ギター アコースティック ウクレレ マンドリン ギター教室 ギターショップ スイッチ SWITCH MATON メイトン リペア New York  井草聖二 松井祐貴 SANTA CRUZ  LARRIVEE Kirk Sand Issac Jang グレーベン GREVEN 押尾コータロー Kotaro Oshio 河野 桜井ギター Oshio-D Dowina ドウィナ Greven Guitars Japan  Seiji Igusa Breedlove Åstrand IKKO MASADA FUJII GUITAR KEYSTONE ASTURIAS Grand Solo Furch Water Road Guitars SUMI Guild PRS Paul Reed Smith Gibson Ervin Somogyi Tommy Emmanuel

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

NAGASAKA GUITAR入荷!

当店で人気の製作家”NAGASAKA GUITARS”の新作、幾何学模様をモチーフにしたロゼッタ&ヘッドデザインがカッコ良いサウンドメッセ出展モデルの”葵”が到着致しました。

改めて弾くと、その素晴らしいトーンにうっとりです。弾力とクリアさを兼ね備えたフィンガーピッキングで演奏するには理想的とも言えるサウンドでした。興味のある方は是非、お試し下さい!



<江坂店>lowden ローデン ドルフィンギターズ 大阪 江坂 ギター アコースティック ウクレレ マンドリン ギター教室 ギターショップ スイッチ SWITCH MATON メイトン リペア New York  井草聖二 松井祐貴 SANTA CRUZ  LARRIVEE Kirk Sand Issac Jang グレーベン GREVEN 押尾コータロー Kotaro Oshio 河野 桜井ギター Oshio-D Dowina ドウィナ Greven Guitars Japan  Seiji Igusa Breedlove Åstrand IKKO MASADA FUJII GUITAR KEYSTONE ASTURIAS Grand Solo Furch Water Road Guitars SUMI Guild PRS Paul Reed Smith Gibson Ervin Somogyi Tommy Emmanuel

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント
ドルフィンギターズ東京恵比寿店ブログ

新納 悠記 インストアライブ 満員御礼



昨夜の新納 悠記 CD 『1&2』発売記念インストアライブにお越しいただきました皆様ありがとうございました。

キャンセル待ちが出るほど超満員となりまして、非常に盛り上がった素晴らしいLiveでした。

新納くんも30歳となり、さらにアダルトさが増しこれまでとも違った新納 悠記を聴かせてくれましたね。
使用ウクレレは2本とも戸田ギターズのコンサートとテナーです。コンサートはハイGでテナーはローG仕様ですね。

そのテナーウクレレで演奏した曲『愛の讃歌』をLive前に収録しましたのでこちらの動画もご覧ください。



皆さんご存知の楽曲ですが、歌は知ってるけど誰が歌ってるの?という方も多いかもしれませんね、シャンソン歌手エディットピアフの「Hymne à l'amour」愛の讃歌です。ソロウクレレでのアレンジは初めて聴きましたが、素晴らしいアレンジと表現力ですね。
この新納 悠記アレンジの愛の讃歌のスコアがウクレレマガジンVol.21に掲載されてますので、こちらもぜひチェックされてみてください。



CD 『1&2』は新納 悠記Websiteよりお買い求めいただけます。こちら

ドルフィンギターズ  新納 悠記 東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   ギター教室 ギターショップ 修理 リペア ルシアー

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

OGINO GUITARS OM Maho



富山県のルシアー"荻野 裕嗣"のブランド OGINO GUITARS

今回は新たなサウンド生み出したニューモデル OM "Maho"です。荻野氏自身が"オギノギターズ第3世代"と言うように、最初期のソモジギターと同じサウンドメイク、その後は独自にアレンジしたサウンドメイクでしたが、さらに研究を重ねて作り上げた今回の作品です。



音のキレが増し、プレーン弦の太さや明瞭さがプラスされ、これまで中低音が強調されたサウンドがさらにワイドレンジとなった印象です。フィンガースタイルのみならずフラットピックをメインとする方など、スタイルを選ばずすべてのギタリストにオススメです。

ちなみにモデル名のOM Mahoですが、すべてのOGINO GUITARSには女性の名前が付いており、今回は日本人女性の名前である"マホ"とネーミングされたモデルです。ボディ材はローズウッドですのでお間違えなく!

ギタリスト 矢後憲太さんのデモ動画をお聴きください。アラジンのテーマ曲 『A Whole New World』の矢後さんアレンジのソロギターカヴァーです。



OGINO GUITARS OM "Maho" 詳細ページはコチラ
お問い合わせは東京恵比寿店までお気軽にご連絡ください。

ドルフィンギターズ  荻野ギター 東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   ギター教室 ギターショップ 修理 リペア ルシアー

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

アンティーク マーティン



1919年のMARTIN 0-21です。100年前に製作されたアンティークマーティンです。
1890年代〜1948年まで生産されていた0-21。スタイル21は18のルックスに28のボディ材であるローズウッドを採用したモデル。現在もOM-21が製作されており、長い歴史を持つスタイルです。



この年代は元々ナイロン弦仕様であり、1920年代に登場するスティール弦モデルとは構造面でも様々な違いがあります。



塗料はシェラックのタンポ塗りであり、ウッドバインディングなどこの年代ならではの仕様が多く見られ、ハンドメイド感溢れる作りです。



サイド&バックはもちろんブラジリアンローズウッド。この時代ではこのグレードが普通に使われていたと思われますが、しっかり選定していたからこそと言えます。



1930年の14Fジョイントが誕生してソリッドヘッドが登場しますが、この時代のヘッドシェイプはスロッテッドのみ。



ピラミッド部分の形状が少し変わってますがオリジナルのブリッジです。ブリッジ材もブラジリアンローズ。



1934年にTフレットが採用されますが、それまではバーフレットが普及しておりました。本器は過去にTフレットへ打ち替えされており、さらに今回新たにTフレットで打ち替えしました。ビシッと整え、ナットは牛骨にて作成しセットアップ済みです。指板ももちろんブラジリアンローズウッド材です。指板も研磨し美しく整えてますので間近でご覧になる際はこういった部分もチェックされてください。

ドルフィンギターズ  マーティンギター 東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   ギター教室 ギターショップ 修理 リペア ルシアー

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント
ドルフィンギターズ大阪江坂店ブログ

最近の記事

ドルフィンギターズ東京恵比寿店ブログ

最近の記事