大阪江坂ギターショップドルフィンギターズブログ

ファンフレットについて Lowden WL-35 FF



Fanfretについて

ファンフレットとはフレットを扇状に配置するフレッティングシステムのことで、各弦の弦長が異なり、ブリッジ・サドルも大きく傾斜します。
画像のLowden WL-35 FFの弦長は6弦650mm、1弦610mmとなっており、この弦長の差が大きければ大きいほどファンフレットの角度は大きくなり、逆に弦長の差が小さいほどファンフレットの角度は小さくなります。


この弦長の差ですが、弦が太くなるにつれて弦長を長くすることにより音響面でも効果があり、特にチューニングダウンした時に厚みある低音、かつハリのある力強いサウンドを生むことができます。これはグランドピアノやハープと同じ原理です。その弦長に合わせて適正な位置にフレットを配置するとこのように扇状となるのです。









Lowdenのファンフレットは6フレットを中心としてますが、製作者により「何フレットを中心とするか?」は異なり、何フレットを中心にするかで弾き心地に違いが出ます、例えば10フレットを中心とした場合、ローポジションの角度が大きくなり、親指で6弦を押さえる方にとっては窮屈になります。3Fを中心とした場合にはローポジションでの角度は小さいですが、ハイポジションでの角度が大きくなり、ブリッジ・サドルの傾斜もさらに大きくなります。一般的には5フレット〜8フレットを中心とすることが多いでしょう。



各弦の弦長については基準はなく、例えば1弦を645mm(OMスケール)とし、6弦をバリトンギターに近い666mmスケールするなど様々です。

その弦長に合わせて、フレット位置やナットやサドル含め高い精度が求められるこのシステム、精度が低いと効果はさほど実感できず、逆に高い精度で作り上げたギターのサウンドは従来のギターでは体感できないほど素晴らしい音色を生み出します。それはピッチが驚くほど正確であり、6弦から1弦すべてが『調和』します。このハーモニーが生み出すサウンドはそれまでに聴いたことのない美しいトーンが+αされます。弾き手・聴き手によりピッチの感じ方、好みは微妙に異なるものですが、調和したギターのサウンドは誰もが美しいと感じるでしょう。レコーディング用のギターとしても最高のアイテムになるかもしれません。

ファンフレットは海外ギターメーカーやルシアーギターで製作されることも増え、珍しい物ではなくなってきましたが、日本国内では製作者が少なく、まだまだ普及してないのが現状です。当店ではこのLowdenの他に、ルシアー西 恵介 Keystoneが昨年ファンフレットギターを製作し、それはとてつもなく素晴らしいサウンドでした。




もっと多くの方にこの威力を知っていただきたいと思い記事にしましたが、ここでは説明できないほど奥深いファンフレット仕様でありますので、最後にもうひとつ。
決して弾きにくい仕様ではありません、実際に弾いてみると意外と違和感なくさらっと弾けるもんです。ポジションによってはフレットの傾斜と指の向きがピッタリ合うなど、新しい発見も多いかと思います。ぜひ体感されてみてください。

Lowden WL-35 FF詳細ページはこちら

ドルフィンギターズ ファンフレット fanfret keystone 西恵介 ギターリペア東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   ギター教室 ギターショップ 修理 ピックアップ取り付け ルシアー

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

古川忠義 PASTEL COVERS ライヴツアー最終日



古川忠義 PASTEL COVERS ライヴツアーの最終日を昨日ドルフィンギターズ恵比寿店で迎えました。満員御礼! ご来店いただきました皆様ありがとうございました。
ギター演奏のみならず、CD収録曲も見事な演出とプレイを披露し、歌ありネタあり笑いあり(笑)のライヴで今回も最高に楽しいライヴでした。



PASTEL COVERSのレコーディングで使用したギターZUCQ エレガットSWITCH OMを今回のツアーでもメインでした。





PASTEL COVERSの収録曲


1.Hula Girl
2.Mr.sandman
3.大きな古時計
4.Five Hundred Miles
5.Just The Way you Are
6.成都
7.Cavatina
8.紅豆
9.スパークル(君の名は)
10.sunflower(映画「ひまわり」のテーマ)
11.小幸運
12.浜辺の歌
13.ファンタジー(幻想即興曲)

【音源CD+TABデータCDの2枚組】



CD販売ページにて試聴もできますのでぜひご覧ください。こちら

ドルフィンギターズ 古川忠義 パステルカバーズ ギターリペア東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   ギター教室 ギターショップ 修理 ピックアップ取り付け ルシアー

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

Ed Gerhard Japan Tour 2019



グラミー受賞ギタリスト エド・ガーハード ジャパンツアーの初日に行ってまいりました。
ビヴラートを効かせたロングトーンや、少ない音数で絶妙な間や美しいサウンドを堪能させていただきました。写真はオープニングアクトを務めた西山隆行さんと3人で。

約2年に一度ジャパンツアーを行っており、仕様ギター今回もBreedlove。ここ10年ほど愛用しているBreedloveドレッドノートと、同じくBreedloveのワイゼンボーンタイプです。エドさんファンの方にはお馴染みですね。
僕らもいろんな方のLiveを観させてもらってますが、その度に必ずと言って良いほど刺激を受け、感じて吸収し、それが仕事にも活かせる大事な要素です。
皆さんもぜひ、いろんな方のLiveへ足を運んでください。

Ed Gerhard Japan Tour 2019 詳細はこちら
http://www.edgerhard.jp/





ドルフィンギターズ エドガーハード ギターリペア東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   ギター教室 ギターショップ 修理 ピックアップ取り付け ルシアー

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

古川忠義 PASTEL COVERS 発売記念ライヴツアー



今年4月に発売された古川忠義 CD PASTEL COVERS。多くの皆さまに好評いただいているカバーアルバムです。



7月よりライヴツアーがスタートしておりまして、関東では9/1(日)に埼玉 宮内家さん、そして10/5(土)はドルフィンギターズ恵比寿店でのインストアライヴを行います。


9/1(日)宮内家 埼玉県
Open 14:30 Start 15:00
埼玉県さいたま市南区南本町2-3-8, 志賀パレスビルBF
チケット¥3,000(1ドリンク制)
https://miyauchike.com/
090-5443-7970 

9/8(日) INN-OVATION(イン・オベーション) 広島県
Open 14:30 Start 15:00チケット¥3,000<1ドリンク制)
広島県福山市今町1-3
チケット¥3,000(1ドリンク制)
084-944-5101(グッドアピール) 

10/5(土) ドルフィンギターズ恵比寿店 東京
Open 19:00 Start 19:30 
東京都渋谷区恵比寿西1-10-8 本間ビル4F
03-6415-3580
チケット¥3,000

皆さまぜひお越しください。ご予約ページはこちら







ドルフィンギターズ 古川忠義 パステルカバーズ ギターリペア東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   ギター教室 ギターショップ 修理 ピックアップ取り付け ルシアー

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

人気急上昇中のThin Body! MATON The Performer



最近人気急上昇中のメイトンのモデル Performer

このモデルの大きな特徴が「薄胴」であること。それがサウンドと同じく重要な「弾き心地」にも繋がるのですが、どれほど薄い(Thin Body)かと言いますと、



こちら↑がEBG808シリーズの通常の厚みなのに対し、Performerはこちら↓



この通り薄いです。EBG808シリーズの最大厚は125mmに対し、Performerはなんと110mm。そのため抱え心地も、体とのフィット感も抜群で、長時間の練習・演奏でもストレスを軽減させます。
もちろん厚みのある方がより深みを得られますが、このモデルの凄いところは「薄くなった分だけサウンドが薄くなるか?」と言われても、そんなことはないのです。スピーディな立ち上がりと、豊かなボリュームに十分なほどの奥行きとパワフルさを感じさせます。
店に来られるギタリストの皆さんも
「これがいいやん!」とおっしゃる方も多く、非常に人気のコンパクトサイズです。



トップ材はオーストラリア原産のブンヤというトーンウッドです。*メイトンファクトリーへ行った際にはスタッフ皆さん「バンヤ」と発音してましたね。
スプルースに近い特性を持っており、トップ材としても素晴らしいサウンドとしっかりとした剛性を持つトーンウッドです。



ブリッジ材はオヴァンコール、近年ではローズウッドの代替として使用されることが増えましたね。
サドルはボーン、2つの六角ネジはアンダーサドルPUを固定する為のネジですので、弦高調整ができる!と思って回してはいけません。僅かに回す分には問題ありませんが、ぐるぐる回してしまうとPU出力バランスが崩れ、ノイズ発生の原因にもなりますのでご注意ください。
補足ですが、冬場・乾燥の時期には木ネジが緩むことも多く、この六角ネジが数年かけて自然に緩んでる場合があります。六角レンチを使って触ってみて、結構ゆるいな〜と思ったら少し締めた方が良いでしょう。ぎゅ〜!っと締めてはいけませんので、適度にお願いします。もちろん、ドルフィンギターズへおもちいただけたらメンテナンスチェックさせていただきます。



これがメイトン自社製のPUシステム AP5Proのコントロール部です。
マスターボリュームがあり、PZはアンダーサドルPUのボリューム、MICはボディ内部のコンデンサーマイクのボリュームです。
PZとMICのバランスを決め、マスターボリュームで全体のレベルを調整するのですが、PZは基本フル、もしくは8割〜9割出力し、マイクをブレンドしてエアー感を足すというセッティングが良いでしょう。後はお好みです。MICをめいいっぱい上げるとフィードバックの原因にもなりますが、接続するアンプやモニターの位置にもよります。コンデンサーマイクとしてはフィードバックしにくいマイクであります。それでもフィードバックが気になる方はメイトン専用のサウンドホールカバー(別売)をご使用ください。↓



Performerは通常カラーバリエーションはなく、今回のモデルは限定カラーですので、興味を持たれた方はお早めにご連絡ください。
その他 メイトン全モデルの在庫リストはこちらからご覧いただけます。



メイトンに関することはすべてドルフィンギターズにお任せください。

ドルフィンギターズ メイトン maton ギターリペア東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   ギター教室 ギターショップ 修理 ピックアップ取り付け ルシアー

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

リペア・セットアップお任せください。

2019年7月、今年の夏は今のところ猛暑日がなく、夜も比較的涼しい日々ですが、湿度が高い!
この季節は毎年湿度の高さに悩まされますが、今年は特に湿度を下げるのが大変な気がします…



店内は湿度コントロールしてるので、何とか50%前後をキープできてますが、ご家庭ですとさすがに大変ですよね。
この季節に持ち込みされるリペア内容もこの季節特有の症状も多く、ネックの逆反り、トップの膨らみで弦高が上がるなど、いろいろです。ギターは湿度によっての影響を受けやすいため、上がりすぎ(70%以上)⇆下がりすぎ(30%以下)にご注意ください。「特にどっちが危険なんですか?」と訊かれますが、どちらかと言うと激しい乾燥(冬場)ですね。ボディや指板・ブリッジが割れる、ブレイスが剥がれるなどありますので。とは言っても今の季節もお気をつけください。

ドルフィンギターズではリペア・セットアップも随時承っておりますので、何でもご相談ください。PU取り付けセットアップやフレット打ち替え、ナット・サドル交換、オクターヴピッチ補正などのサウンド・演奏性に直結する箇所に関しては特にお任せください。事前予約なしでお持ち込みいただいてもOKです!販売店舗ですので多くの内容はお預かりとなりますが、お気軽にご相談ください。

ドルフィンギターズ   ギターリペア東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   ギター教室 ギターショップ 修理 ピックアップ取り付け ルシアー

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

SWITCH RSDシリーズ トリファイドスプルース編

進化し続けるSWITCH CUSTOM GUITARS
材料の上質さはもちろん、製作ごとにアップグレードしサウンド面で向上し続けております。
数あるラインナップの中でも2013年の最初期に誕生したRSDシリーズです。

RSD-50 Torrefied Adirondack Spruce


ナチュラルカラーのRSD-50です。トップ材はトーリファイド加工を施したアディロンダックスプルースを使用し、サイド&バック材はホンデュラスマホガニーという拘りのマテリアルです。
トーリファイド加工は人工的に乾燥させた特殊な加工で、その効果は明らかであり、レスポンスの早さや何年も弾き込んだかのようなトーンのニュアンスが感じられます。ルックス的にも焼けた感が見られますのでこのような色合いになります。(ベイクドスプルースという表記も同じく人工乾燥された物です)



フィニッシュは極薄のオールラッカーでヴィンテージ仕上げです。(以前はハイグロスの仕上げでしたが2019年モデルより変更してます) ネックは1ピースのアフリカンマホガニー、指板はマダガスカルローズ(指板Rは12インチ)、ブリッジ材はブラジリアンローズ、ナット・サドル材は牛骨を使用。



RSDシリーズはナチュラルカラーのRSD-50にサンバーストなどカラーリングのRSD-45とありますが、さらにナット幅は43mmのレギュラーネックと39mmのナローネックとあります。
ブリッジは固定式のスロットサドルにアジャスタブルサドルとブリッジも2パターンあり、いつくかのバリエーションがあります。
アジャスタブルサドルは弦高調整が容易という事もありますが、アジャスタブル式ならではのキレ味鋭いサウンドが好みの方も多いですね、またはドッシリと、よりローミッドが分厚いサウンドが好みの方はスロットサドルを選ぶ事が多いでしょう。
スロットサドルの場合は牛骨を使用し、アジャスタブルサドルはセラミックとなります。



現在は全モデルにSWITCHオリジナルのステンレスフレットを採用しており、一般的なニッケルシルバーのフレットよりも耐久性が高く、ヘビーユーザーの方でもフレットの減りが少ないため長期的なメンテナンスフリーを実現してます。ステンレス素材ですので変色や錆もなく、徹底的な研磨作業で仕上げているので常に美しく輝いているフレットです。

肝心のサウンドですが、ぜひ店頭でお試しください!この迫力やサウンドニュアンスは気に入っていただけるかと思います。
最新のRSD-50 サウンドデモ動画もお聴きください。



SWITCH RSDシリーズのストックリストはコチラからご覧いただけます


ドルフィンギターズ  スイッチギター トーリファイドスプルース ベイクドスプルース 東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   ギター教室 ギターショップ 修理 リペア ルシアー

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

Switch 松井祐貴&井草聖二シグネイチャーモデル

Switch Custom Guitars使用アーティスト 松井祐貴と井草聖二のシグネイチャーモデル。

2019年の最新作がついに入荷しました。


SCOM-3C DB Seiji Igusa


どちらもアーティストが拘る部分を取り入れ、サウンド面はもちろんデザインや演奏性も含めてカスタマイズし、これこそシグネイチャーと言うべきモデルです。
製作の度に表現力が増し、進化し続けるSwitch Custom Guitars。
こちらのアーティストモデルをベースに木材を変更してのセミオーダーも可能ですのでご希望ございましたら店舗までご相談ください。

松井祐貴シグネイチャーモデル ストックはコチラ
井草聖二シグネイチャーモデルはコチラ




ドルフィンギターズ  松井祐貴 井草聖二 スイッチギター 東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   ギター教室 ギターショップ 修理 リペア ルシアー

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

新納 悠記 インストアライブ 満員御礼



昨夜の新納 悠記 CD 『1&2』発売記念インストアライブにお越しいただきました皆様ありがとうございました。

キャンセル待ちが出るほど超満員となりまして、非常に盛り上がった素晴らしいLiveでした。

新納くんも30歳となり、さらにアダルトさが増しこれまでとも違った新納 悠記を聴かせてくれましたね。
使用ウクレレは2本とも戸田ギターズのコンサートとテナーです。コンサートはハイGでテナーはローG仕様ですね。

そのテナーウクレレで演奏した曲『愛の讃歌』をLive前に収録しましたのでこちらの動画もご覧ください。



皆さんご存知の楽曲ですが、歌は知ってるけど誰が歌ってるの?という方も多いかもしれませんね、シャンソン歌手エディットピアフの「Hymne à l'amour」愛の讃歌です。ソロウクレレでのアレンジは初めて聴きましたが、素晴らしいアレンジと表現力ですね。
この新納 悠記アレンジの愛の讃歌のスコアがウクレレマガジンVol.21に掲載されてますので、こちらもぜひチェックされてみてください。



CD 『1&2』は新納 悠記Websiteよりお買い求めいただけます。こちら

ドルフィンギターズ  新納 悠記 東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   ギター教室 ギターショップ 修理 リペア ルシアー

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

OGINO GUITARS OM Maho



富山県のルシアー"荻野 裕嗣"のブランド OGINO GUITARS

今回は新たなサウンド生み出したニューモデル OM "Maho"です。荻野氏自身が"オギノギターズ第3世代"と言うように、最初期のソモジギターと同じサウンドメイク、その後は独自にアレンジしたサウンドメイクでしたが、さらに研究を重ねて作り上げた今回の作品です。



音のキレが増し、プレーン弦の太さや明瞭さがプラスされ、これまで中低音が強調されたサウンドがさらにワイドレンジとなった印象です。フィンガースタイルのみならずフラットピックをメインとする方など、スタイルを選ばずすべてのギタリストにオススメです。

ちなみにモデル名のOM Mahoですが、すべてのOGINO GUITARSには女性の名前が付いており、今回は日本人女性の名前である"マホ"とネーミングされたモデルです。ボディ材はローズウッドですのでお間違えなく!

ギタリスト 矢後憲太さんのデモ動画をお聴きください。アラジンのテーマ曲 『A Whole New World』の矢後さんアレンジのソロギターカヴァーです。



OGINO GUITARS OM "Maho" 詳細ページはコチラ
お問い合わせは東京恵比寿店までお気軽にご連絡ください。

ドルフィンギターズ  荻野ギター 東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   ギター教室 ギターショップ 修理 リペア ルシアー

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

最近の記事