大阪江坂ギターショップドルフィンギターズブログ

スプルース材の産地って?

アコースティックギターやバイオリンのトップ材には
古くからスプルース材が使用されていることは
みなさんご存じの通りですが、
そのスプルース材も世界中に様々な種類があり、
地名で表記されてますね。

例えばざっくりと・・・
・シトカ・スプルース 
*アラスカ州のアレキサンダー諸島バラノフ島西岸に位置するシトカ市郡

・イングルマン・スプルース 
*アメリカ西部 ロッキー山脈近郊

・ホワイト・スプルース 
*カナダBC州からアメリカのニューメキシコ州まで広い範囲に分布

・ジャーマン・スプルース 
*ドイツですね

・アディロンダック・スプルース 
*ニューヨーク州北部の山地 などなどです。


「そういえば産地ってどこなの?」という質問もよくあるので、ご自身のギターに使用されている材の産地などを調べてみるのもまたひとつ楽しみが増えるかもですよ♪
てるや


<恵比寿店>
ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ    買い取り    下取り    ギター教室 ギターショップ

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

最近の記事