大阪江坂ギターショップドルフィンギターズブログ

サウンドキャラクターの違い

当店人気のFURCH、
クオリティの高さとコストパフォーマンスに優れ、フィンガースタイルの方を中心に多くの方に愛用されており、日本国内での取り扱いから10年以上経ち、今やその知名度も全国区と言えるのではないでしょうか。
FURCHの生産国はチェコ。ヨーロッパにありながら諸国とは異なった独自のサウンドを確立。
そのFURCHのスタンダードモデル「G23-SRCT・CRCT 」を元に、ショップオーダーしたカスタムモデルが入荷しました。

Model "G23-SCCT"
/stock/5740eb/



トップはイングルマンスプルース、S&Bはココボロを仕様。とても暖かいトーンを持ち、ココボロ材の特徴とも言える力強さと素晴らしい音圧を楽しめる機種です。
今回2度目の入荷ですが、前回同様そのクオリティの高さには驚かされます。
当店には標準仕様のインディアンローズウッドモデルや、マダガスカルローズウッドモデル、キルテッドマホガニー(レギュラーのマホガニーとは異なる)仕様など、様々なキャラクターを持ったモデルからお選びいただけます。
近年のFURCHでは、マダガスカルローズウッド仕様が非常に好評ですが、ココボロ材も決して見逃せない素晴らしいトーンウッドです。
他のメーカーですと、昨年にMARTIN Custom Shop製でD-28 ココボロを発売し、PRSやあのCollingsもココボロ材に着手しております。Taylorも数年前より使用してますね。どれも共通するのはやはり圧倒的なインパクトを与えるサウンドです。これはココボロ材ならではと言えます。

中米原産のマメ科ツルサイカチ属ですので、ブラジリアンローズやホンデュラスローズと言ったローズウッドと同じ属性ですが、楽器となればやはり独特なサウンドを奏で、ブラジリアンローズとはサウンドニュアンスも異なりますが、全く引けをとらない素晴らしいサウンドを持っていると考えています。
ココボロは良質な材の入手は容易ではなく、また木材の加工や接着なども技術を要する材ですので、高級品でしか扱われない材と言えるでしょう。
・・・何が言いたかったかと言うと、今回こちらのモデルは販売価格が¥283,500、他のメーカーでは通常考えられない価格であると言うこと!しかもサウンドクオリティも素晴らしい・・・。材のグレードも一級品・・・。FURCHのスゴイところです・・・。
さて、今回は江坂店・恵比寿店共に1本ずつのみの入荷ですので、興味を持たれた方はぜひ店舗へお越し下さい。

最後に、ギタリスト・井草聖二さんに弾いて頂きました!デモ動画にてサウンドをお聴き下さい




それでは皆さまお待ちしております。
てるや

<恵比寿店>
ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ    買い取り    下取り    ギター教室 ギターショップ

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

最近の記事