大阪江坂ギターショップドルフィンギターズブログ

トラスロッド調整

こんにちわ。ヴィンテージギルドのネック調整を行っているてるやです。
そんなわけで今日はトラスロッド・ビューレットナットについて簡単にお話したいと思います。

ビューレットナットとはアジャスタブルロッドを回すために必要なパーツですが、


ヘッド部からロッド調整をするタイプのギブソンやギルドの中でもヴィンテージ品はビューレットナットの動きがちょっとイマイチ?な物があります。

この場合のイチ対処法としてご説明しますと、まず弦を完全に緩めた状態でビューレットナットを緩め、取り外します。外したビューレットナットの内側などに潤滑剤であるグリスやKURE 5-56などを軽く塗ります。そうすることによりビューレットナットの滑りが格段に良くなり、ロッドの締まり具合も変わる場合があります。

これ以上きつくて閉められない・・・。と言った場合にこの方法を行ってみると「おや?!ロッドの閉め具合にまだ余裕があったんだ!」ということが良くあります。まぁあくまでヴィンテージ品に言えることですが。



こんな話をしてますが、ネック調整に自信のない方はやはり調整のプロに任せしましょう。
ビューレットナットのすべりが良くなったがゆえにロッドを締めすぎてネックが逆反りしたり、トラスロッドが「ボキッ!」・・・なんことにならないように。

お持ちのギターの修理・調整や構造について詳しく知りたい方はお店へお越し下さい。
てるや

<恵比寿店>
ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ    買い取り    下取り    ギター教室 ギターショッ

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

最近の記事