大阪江坂ギターショップドルフィンギターズブログ

アメリカ帰りのKeystone!最新作はアフリカンブラックウッド仕様

"Keystone" 最新作モデルが入荷しましたのでこちらをご紹介します。
東京在住の個人ルシアー"西 恵介"氏のブランド"Keystone"
 


先日アメリカで行われたギターフェスティバル"ヒールズバーグ・ギターフェス"に出展し、
全米のルシアーや専門家にも非常に評価を得たとのことで、
西さんの師匠でもある"マリオボーラガー"はあの"アーヴィンソモジ"氏の元で学んだ経験もあり、
ソモジ氏からも直々に「孫弟子」の称号をいただいてきたとか!?

さて、その評価を得た最新作、Modified D Cutaway (African Blackwood)
アメリカから帰国後、すぐに納品に来て頂きました。

サイド&バックは名前の通り、黒々としたアフリカンブラックウッドを使用、トップはジャーマン"ムーン"スプルース、



バインディング材はカーリーコアをボディ・ネックに採用し、ロゼッタもコアを装飾。
これまでの作品をご存じの方が見ても、以前にも増して高級感を漂わせる仕上がりと言えるんではないでしょうか??

ペグやフレット、トラスロッドといった金属類やブリッジピン以外はすべてお手製で、
ブリッジやロゼッタ、ブレイシング材・バインディング材などもすべて、材料の切り出しから加工まで自作によるもの。
当然ながら、塗装や最終仕上げまですべての行程を西さん自身の手で行ってます。

西さん曰く「手工ギターとは自分で作るからこそ手工ギターと呼ぶのです」と。

1本1本丁寧に仕上げる為、年間にしてわずか数本の製作本数であるのは納得でしょう。

ドルフィンギターズでは、Keystoneのオーダーも随時承っており、ボディサイズやスペック、材料の選定、ナット幅やスケールなど細かく打ち合わせさせていただきます。
カスタムオーダーについてのご相談は、店舗へお越し頂くか、お気軽にお電話ください。
てるや

<恵比寿店>
ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ    買い取り    下取り    ギター教室 ギターショップ

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

最近の記事