大阪江坂ギターショップドルフィンギターズブログ

ウクレレペグにお悩みの方必見!Gotoh UTP ペグ

今日はウクレレペグについてお話しします。

昔ながらなフリクションタイプのウクレレペグはギアペグと違い1:1、つまり回した分だけ弦を巻いていく構造ですね。
なのでチューニング時の微妙なズレを調整するにはちょっと難しいですよね・・・。

最近ではギターに使われているギアペグもウクレレに使用されるようになり、それが今や定着したとも言えますが、ルックス的に好まない方もいらっしゃいますね。
そういった方にお薦めなのがギア比1:4のフリクションタイプ・ゴトー製プラネタリーペグ「UTP」です。



ルックスはフリクションペグそのままに、チューニングは非常にスムーズで安定感が違います。ゴトー製ならではの精度と言えます。
今回ペグ交換を行いましたが、実際に作業してみるとしっかり考えられて作られているのがよく解ります。

取り付けるにあたり、まずブッシュやポスト穴の径を合わせなくてはいけません。
ヘッド表のブッシュ穴は同じ径でしたが、裏は約9,5mmに拡げる必要があったので、9,5mmのビットを使用しボール盤で拡げました。
深さもジャストに掘るため、直径9,5mm、深さ約6mmの加工を。


加工後です


こちらが取付後です。


ブッシュを締めていくとポスト部分としっかり固定されるので、キチッと加工をすれば安定感も抜群です。
これがまたチューニングのしやすいこと・・・しかも見た目よりもずっと軽量なので抱えたときのバランスも・・・うん最高。

カラーはクローム、ゴールド、ブラックの3種類。
ボタンも9種類から選べ、組み合わせは自由です。


交換取付を希望される方はドルフィンギターズまでお気軽にご連絡くださいね。
てるや

<恵比寿店>ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   コリングス    ギター教室 ギターショップ

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

最近の記事