大阪江坂ギターショップドルフィンギターズブログ

ヴィンテージカマカ

1928年製カマカ パイナップルウクレレがひっさびさに入荷しました。

1928 KAMAKA PINEAPPLE


ご覧の通りボディ・ネック・ブリッジすべてハワイアンコア材を使用しており、色合いなど風格溢れるヴィンテージ品です。1928年ですとほぼ90年前?!これだけ年数が経過してるにもかかわらずこの状態をキープできるのですから、アコースティック楽器の寿命は底知れません。クラック補修やペグ交換など修理・メンテナンスを施してますので即使用でき、今後も長くお使いいただける個体です。

ちなみにパイナップルウクレレは1910年代に誕生したと言われ、製作作業中にボディサイド材の曲げをたまたまこの楕円形にし、作ったボディが「パイナップルに似ている」ということで、一人のアーティストがパイナップルを描いみたらそれが見栄えもよく、商品化されたとのことです。特にこの1920年代後半の仕様であるロープバインディングやブルークレスト・ヘッドデカール、パイナップルペイントが人気で、以前から大変希少なモデルとして扱われております。

こちらは恵比寿店ストックですので、詳細はお気軽にお問い合わせください。商品ページはこちら

<恵比寿店> ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   コリングス    ギター教室 ギターショップ 修理 リペア カマカ ウクレレ

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

ダシルバ ウクレレ

カリフォルニアの製作家 マイクダシルバ。世界的なウクレレプレイヤーJames Hillが使用することでも有名ですが、サウンドやルックスなど非常に個性豊かな楽器を製作し、特にプレイヤーの方に人気のウクレレ製作家です。

恵比寿店ストックのテナーウクレレをご紹介します

DaSilva Tenor Custom (Zilicote)



スケールは一般的なテナースケールの432mm、それに対しワイドボディというバランスを持ち、ボリューム豊かでウクレレとしては非常に奥行きのあるサウンドです。Low G弦仕様にこのサイズですが、ゴツゴツせずに実にウクレレらしいニュアンスも奏でており、弾き手の思いのままに表現できる素晴らしいモデルです。





S&B材はエキゾチックなジリコーテ(メキシカンエボニー)を使用。バインディング材はフィギャードのハワイアンコア。
このサイズにして、薄胴となっており、バック材からの跳ね返りも早くレスポンスの良さも特徴です。抱え心地も見た目ほどのほど大きくは感じないでしょう。



ペグはGotoh UTPを使用。1:4のギアペグですのでチューニングもストレスフリーです。さすがは世界のGotoh。




デモ動画もお聴きください。本器の特徴をそのまま拾えてるかと思います。



ダシルバに関するお問い合わせはドルフィンギターズ各店舗へお問い合わせください。

<恵比寿店> ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   コリングス    ギター教室 ギターショップ 修理 リペア メイトン トミーエマニュエル ダシルバ 

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

アーチトップウクレレ

滋賀県の米原市に工房を構えるトダギターズ。ウクレレ製作家としても日本トップレベルの戸田氏。
最新作 アーチトップ・テナーウクレレが入荷しました。

TODA GUITARS : ATT-CW (All Hawaiian Koawood)


トップとバックは分厚いハワイアンコア材を削りだした贅沢なアーチトップ仕様。ネックやヘッドプレートにもハワイアンコアを使用し、ブリッジやテールピース、PGももちろんハンドメイドにて製作しております。

動画もUPしましたのでお聴きください。



ドルフィンギターズ江坂店、恵比寿店と今後も戸田ウクレレは展開していきますので、興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせください。

<恵比寿店> ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   コリングス    ギター教室 ギターショップ 修理 リペア 買取

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

Today's Pick Up! セイレンテナーウクレレ

長野県松本市のベテランルシアー"高橋信治"氏のブランド「セイレン」
オリジナリティ豊かなウクレレやミニベース、その他様々な弦楽器を世に送り出す"巨匠"の一人です。

今回のセイレン新入荷はテナーウクレレ"SLTS-1950R" (African Blackwood)
トップ材には100年以上も水の中に沈んだまま熟成された"シンカーレッドウッド"(サルベージウッド)を、S&B材にはハカランダと並ぶ高級木材"アフリカンブラックウッド"を採用した至極の逸品。

一般的なウクレレの音域を超えた奥深いサウンドは、その一音を奏でただけで違いが伝わってきます。ぜひ間近でお試しください。




セイレン・ウクレレやモバイル"ミニ"ベースのストックリストはこちらからご覧いただけます。


<恵比寿店>ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ    ギター教室 ギターショップ

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

Today's Pick UP!



戸田ウクレレの最新作が入荷しました!
今年1月に戸田さんの工房へ訪問しまして、その際にストック材の中から選定し、コンサートウクレレ・カッタウェイ仕様、コアボディという希望を伝え、その他のは戸田さんにお任せオーダーさせてもらったウクレレです。

完成後、店に到着しケースを開けた瞬間・・・「美しい!」「かっこいい!」と思わず声を大にしてしまいました(笑)
木材の美しさは画像でも伝わるかと思いますが、楽器が放つオーラ、これは直に見てみないと伝わりませんね・・・。実に素晴らしい楽器です。

戸田さんはギター製作家でもあるので、ギター製作時の構造的バランスも取り入れており、サウンドや演奏性はもちろんのことボディやネックの強度・安定感にも優れ、トータル面でまさにパーフェクト!

ウクレレは年間ほんの2〜3本のみの入荷ですので、興味をお持ちの方はお早めにお越し下さい。
TODA GUITARS : VC-CW (All Koawood)

ここ1〜2年間に江坂店・恵比寿店に入荷した戸田ギターズのギターやウクレレなど
こちらからご覧頂けますのでぜひご覧下さい。


<恵比寿店>ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ    ギター教室 ギターショップ 

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

ウクレレペグにお悩みの方必見!Gotoh UTP ペグ

今日はウクレレペグについてお話しします。

昔ながらなフリクションタイプのウクレレペグはギアペグと違い1:1、つまり回した分だけ弦を巻いていく構造ですね。
なのでチューニング時の微妙なズレを調整するにはちょっと難しいですよね・・・。

最近ではギターに使われているギアペグもウクレレに使用されるようになり、それが今や定着したとも言えますが、ルックス的に好まない方もいらっしゃいますね。
そういった方にお薦めなのがギア比1:4のフリクションタイプ・ゴトー製プラネタリーペグ「UTP」です。



ルックスはフリクションペグそのままに、チューニングは非常にスムーズで安定感が違います。ゴトー製ならではの精度と言えます。
今回ペグ交換を行いましたが、実際に作業してみるとしっかり考えられて作られているのがよく解ります。

取り付けるにあたり、まずブッシュやポスト穴の径を合わせなくてはいけません。
ヘッド表のブッシュ穴は同じ径でしたが、裏は約9,5mmに拡げる必要があったので、9,5mmのビットを使用しボール盤で拡げました。
深さもジャストに掘るため、直径9,5mm、深さ約6mmの加工を。


加工後です


こちらが取付後です。


ブッシュを締めていくとポスト部分としっかり固定されるので、キチッと加工をすれば安定感も抜群です。
これがまたチューニングのしやすいこと・・・しかも見た目よりもずっと軽量なので抱えたときのバランスも・・・うん最高。

カラーはクローム、ゴールド、ブラックの3種類。
ボタンも9種類から選べ、組み合わせは自由です。


交換取付を希望される方はドルフィンギターズまでお気軽にご連絡くださいね。
てるや

<恵比寿店>ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   コリングス    ギター教室 ギターショップ

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

Today's Pick UP!

戸田ウクレレの最新作 「VT-CW 225」をご紹介します。



TODA GUITARS・戸田さんは滋賀県の自宅一角に工房を構え、ギターをはじめウクレレやその他オリジナルサイズの弦楽器を製作する人気ルシアー。
特に近年ではウクレレの人気が非常に高く、ドルフィンギターズ江坂店・恵比寿店共に、店頭に並ぶ事は滅多になく、入荷後すぐに販売済みとなってしまうほどなんです。
サウンドや演奏性の良さは当然、オリジナリティ溢れるデザインに作りの丁寧さなど、まさにトップルシアーと言えますね。

さて最新作はテナーカッタウェイ、モデル名のVT=テナー、CW=カッタウェイを意味します。
・・・え?では225は?

はい、225=フジコ=不二子です・・・。
今回のコンセプトは「女性的な」をモチーフに、恵比寿店・松下店長と戸田さんによるふとした会話から誕生したモデルなんです実は!
色白なイングルマン・スプルースTopに美しいカーリーメイプルS&B、ピンクのパーフリングでラインをくっきりとし、ロゼッタとヘッドプレートはピンクアイボリーを使用し、PGはパープルハート!
先ほど「着色ですか?」と訊かれましたが、いえいえ、着色ではなく天然の木材の色合いです。





画像だとこの美しさが半減するかもしれませんが、実物は遊び心と職人魂のこもった素晴らしい逸品です。
てるや
TODA GUITARS : VT-CW 225

<恵比寿店>ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   コリングス    ギター教室 ギターショップ

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

ウクレレ・ピックアップ取付


ここ近年、ウクレレ本体にピックアップ(以下PU)取付依頼が増えてきましたね〜!

弾き語りやソロスタイルなど様々ですが、取り付けるPUのタイプも様々で、ご相談の際はウクレレのサイズや仕様(ブレイスの位置など)によって、またやその方の好みや演奏スタイルにより色々と提案させてもらってます。

恵比寿店でよく取り付けさせてもらっているウクレレPUは"LR Baggs Five-0"、アンダーサドルタイプなので、サドル溝に収めるのです。

加工・取付・バランス調整をキチンと行えば素晴らしいサウンドを出力し、ウクレレのニュアンスを最大限に表現してくれるPUシステムです。(実際みなさんに大好評です)

もしご興味のある方がいらっしゃいましたら、取付内容や金額、詳細等お気軽にお問い合わせ下さいね。

さてお薦めと書きましたが、ウクレレによってはそのままだと取付不可・・・!という物もあります。

例えばサドルとPU素子のサイズが合わない場合があるのです・・・。というのはPU素子は約2,2mm幅なので、サドルやサドル溝の幅も2,2mm以上必要です。本体(メーカー)によってはサドル幅が2mmという物もありますので、単純にPU素子が幅広なため、サドル溝に収まりきれません。

その場合は、一度サドル溝を拡げる必要があります。ルーターなどの電動工具を使用し2,2mm以上(ビットのサイズから言うと2,5mmが妥当ですね)広げます。
それから新しい溝のサイズにあったサドルを作成しなければいけません。(*溝より明らかに細いサドルを使用すると弦を張った状態で前傾したりPUバランスがぐちゃぐちゃになる可能性大)

基本的な加工は、エンドジャック取付のための加工とサドル溝にPUを通す為の加工です。
もちろん、生音への影響がないように最大限の注意を払います。

特にPUバランスですね、ただ取付けただけだと各弦の出力バランスが一発で決まるとは限りません。
4.3.2弦はバランス良いが1弦だけちっちゃい・・・など経験ありませんか?

そういう部分も僕ら専門家にお任せ下さい。ご相談下さい。



あと、ウクレレだとサウンドホールがこんだけちっちゃいのに、エンドジャックやPUやら配線やらどうやって取り付けるんですか??な〜んて訊かれますが、
ハッキリ言って難しいです・・・あの手この手使ってます・・・そこは人に見られたくない必死な表情で作業してますのでお気遣い無く

ギターやウクレレに関するご相談は何でもお問い合わせ下さい。PU取付・修理・セットアップ・チューンナップ相談・コンディションチェックすべて行ってますのでどうぞお気軽に!
てるや

<恵比寿店>
ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ    買い取り    下取り    ギター教室 ギターショップ

コメント(1)
ソプラノウクレレのpuの修理または交換
三好正治(2015/1/3 18:56)
数年前に取り付けたピックアップ、最近、はじめてアンプにつけて使い出したら、ホールから少し外に出てしまいました。修理できればしたいです。ukuはロ・ブリンチのカスタムです。
投稿者名
タイトル
コメント

最近の記事