大阪江坂ギターショップドルフィンギターズブログ

ナット・サドルの重要性

本日の作業はナット&サドル作成交換。


ギターやウクレレなどの弦楽器にとって非常に重要なパーツであるナットとブリッジサドル。
修理やメンテナンス調整など行っている中でもナット/サドル作成交換は最も多い作業です。

どちらも消耗パーツであり、摩擦によりほんの少しづつ削れますので、使用頻度が高いほど交換が必要であります。
特にナットに関しては弦を張ったり緩めたり、オープンチューニングを多用する方は磨耗が大きくなる要素でもあります。
さらに弦の錆や汚れがナット溝に溜まり、出音がつまる原因やサスティーンの減衰に繋がります。

例えばこちら

こちらのギターは1・2弦の開放弦がつまるということで持ち込まれましたが、この通りナット溝に汚れや錆が溜まっておりこれが原因です。

この場合はナット溝用の刃物を使用し汚れを除去します
こちら

これだけでも出音は1発で変わります。
またナットの形状や溝の切り方により変化しますので、むやみに手を加えるとありゃりゃ、、、ってことになりかねません。こういった作業はぜひお任せください。

ところで最近よく見かけるのが、上の写真のように溝に汚れや錆が溜まっているパターンの多くはエリクサー弦を使用している事が圧倒的に多く、コーティング弦だからといって長く使い、知らず知らずの内に汚れが溜まっていくパターンです。さらにはナット溝のみならずフレットの削れも加速します。フレット消耗が激しく「なぜ?」と気にされてる方もいるかと思います。
なのでなるべく摩擦抵抗を小さくするにはこまめに弦交換することも必要だとお考えください。*真っさらな弦の方がダメージも小さくなります

磨耗だけではなくセッティング、
ギターによって弦高などセッティングが異なりますが、そのセッティングによってはナット&サドルの交換が必要な場合があります。中古品入荷後に作成交換する場合はこのパターンも多く、低すぎたり形状がおかしかったりなど、入荷した中古品のナット&サドル交換頻度は高いです。私どもは常にこの作業を行ってますのでそれがどれだけ変化するか熟知しており、より良いサウンドにすることで販売促進にもなります。もちろん交換が必要なギターとそうでない場合との見極めも大事です。良い素材を使い、きちんとした作業を行えばまず間違いなく良い印象を与えるとお考えください。別に必要ないんじゃ?ではなく、そこはハッキリ見極めます。

これまでナットやサドルによる違いを実感したことのない方はぜひ一度お任せください。特に何年〜何十年とそのままのパーツでお使いの方にはオススメします。*ちなみにフレットも同じことが言えます

う〜ん これまでにずっと行ってきた経験がありすぎて、ナット&サドルについてここでは書ききれません、、、。すみません 結局は簡単に触れただけになってしまったので、詳しくはぜひ店頭でご相談ください!

メンテナンスやセットアップもぜひドルフィンギターズにお任せください。

<恵比寿店>ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ    ギター教室 ギターショップ  リペア 調整 修理

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

ピックガード作成交換!Maton編

メイトンギターのピックガード (以下PG)作成・交換をしました。
こちらが仕上がり具合の画像です


メイトンオリジナルPGの厚み約0.6mmに対し、今回使用したトーティスは約0.9mmほど。
オリジナルとそっくりなシェイプに切り出し、わずかに厚手の分、外周をすべて面取りしてますので(かなり手間です・・・)
グッと高級感がでます、でました。いかがでしょうか?

今回使用したやや赤みの色合いが強い柄や、ややダークな柄、もちろん透明タイプで作成も可能です。
メイトン以外のギターでも大歓迎ですので、現在お使いのPGを交換し、雰囲気を変えたい!とお考えの方は一度ご相談ください。
すべてギター1本1本に合わせて作成いたします。




<恵比寿店>ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ    ギター教室 ギターショップ

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

アコースティックギター弦について

アコースティック弦について

よく、「ギターの弦はどういう基準や頻度で張り替えすればよいのですか?」との質問があります。
基準は人によって様々ですが、「弦が切れたら全部張り替え」、「1本切れたらそれだけ張り替え」、「錆びたら張り替え」「半年に1回」「1年に1回」「週に1回」「音色が変わったら張り替え」という感じですね。

また手汗によって音質劣化や腐食を引き起こしますが、その進行具合も人それぞれ。
特に男性は女性より音質劣化が早いですね、演奏時間=音質劣化とも言い切れないのです。

弾く方によってはぽろぽろと半年弾いて、多少の酸化はするもののさほど音質劣化は感じられない方もいれば、
4〜5分弾くとすぐに劣化する方もいます。

なので〜メーカーの弦は劣化が早い!〜メーカーは割と長持ちする!というご意見もありますが
感じ方も人それぞれ。

エリクサーなどのコーティング弦を使用される方は、張りたての音質を長時間持続させることができることが
一番の理由でしょう。市場で販売される弦メーカーの中でも寿命の長さは間違いなくエリクサーがNo1と言えます。

ところで「こまめに張り替えた方がよい。」と言われることはありませんか?
それについて少しお話ししたかったのですが、

アコースティックギターを弾いていると弦に汚れが付着していき、見えないところに溜まっていきます。
さらに1・2弦は腐食すると顕著にざらざらしますよね?
それらが原因でナットの溝、サドル、フレットが傷みやすくなります。特にオープンチューニングを多用される方は曲によってチューニングを変えるのでナット溝の摩耗に注意です。



ナット溝にも汚れが溜まり、弦の摩擦により溝が変形し、出音に大きく大きく影響します。
弦をあまり交換されないという方、1,2弦の開放弦で音詰まりを感じたことはありませんか?いつの間にか音量が小さくなった、サスティーンが短くなったなどなど、違和感を感じた方も多いはず。知らないうちにその状態になっているかも、、、

ちなみにこういった原因での「音が詰まるので調整欲しい。以前はこんなはずじゃなかった!」という依頼は年中です。
弦の汚れは表から見てもわかりづらい裏側に溜まってます。↓



ティッシュなどで拭き取るとホラこの通り。これが原因でフレットの摩耗もより一層早くなります。



これだけフレットが削れたら、、、迷わずフレット交換しましょう・・・。ここも出音はもちろん、ピッチの不安定さにも繋がるし、非常に非常に重要な部分です。フレット打ち換え調整後に弾くと必ず「もっと早くやっとけばよかった・・・」と思っていただけます、はい。

本題ですが、ナット&サドル、フレットへのダメージを軽減させるという意味でも
弦をこまめに張り替えた方が良いと言えます。
当然ながらツルツル・真っ新な弦だと滑りも良く、摩擦抵抗も少ないですからね。

エリクサーを張っているからといって何ヶ月も張り替えない方、一度チェックしてみて下さい。

最後に、弦は様々な特徴があり、これが一番良い。という弦はありません。
その方の好みに合った弦がベストなので、相談もしつつ、色んな弦を試してご自身でチョイスして下さいね。


<恵比寿店>ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ    ギター教室 ギターショップ

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

乾燥注意報!2014年3月もまだまだ厳しい季節です

関東は今日も厳しい寒さと乾燥が続きますね。
先ほどから雪もちらつき始めました。

「楽器にとって激しい乾燥は要注意。」と以前にもBlogで書いてますが、
今日は乾燥によるダメージ症状の一例をお伝えしたいと思います。

最近修理で持ち込まれたギターですが、下記のギターは持ち込まれて直後の状態です。

トップセンターが割れているのがハッキリと確認できます。これは乾燥による木材の歪みによることが原因です。
このままお預かりして、すぐに手を加えるのではなくまずは時間をかけてシーズニングします。


こちらはお預かりして2日目。
45%〜50%を保った店内でシーズニングしていると自然に塞がってきました。(*本体には何もしてません。)



下記の画像は3日目。ほとんど塞がりました。(*本体には何もしてません。)


これらを見ると、湿度により木材が動くということがハッキリと解ります。
もちろん割れる原因は他にもあることですが、このギターに関しては乾燥によるものでした。
またボディトップやバックがやや沈んでましたが、これもほぼ元に戻りました。
これから接着し、内部補強・塗装面のタッチアップし、それからまた長時間寝かせて変化が起きないかをチェックします。

ちなみに、激しい乾燥による同じ症状のギターがここ最近立て続けに5本持ち込まれてます・・・。
こればっかりは構造上の問題ではなく、楽器にとって厳しい環境に置かれていたことが原因でもありますので、もし今まであまり注意されてなかった方は気にかけてあげましょうね。木材だけでなく塗装面も同じく影響受けますのでご注意を。

エアコンによる激しい乾燥はホント要注意です・・・。
少なくともエアコンで室内を暖める際はお部屋の環境に合ったサイズの加湿器を使用しましょう。またエアコンの風が楽器に直接当たらないようになどちょっとした気遣いを。
理想的な湿度は45%〜50%。ですが一般家庭で保つのは難しいので、極端な環境にならないように気にかけてあげて下さいネ。

<恵比寿店>ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ    ギター教室 ギターショップ 

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

PU取付作業風景 Anthem編

ドルフィンギターズでは様々なPUを取付ておりますが、PUタイプやギターの構造に合わせ様々な取付方法が必要となります。

今日はLR Baggs Anthem取付の一例をお見せします。
AnthemはアンダーサドルPUとコンデンサーマイクをMixするシステムですが、取付セットアップにより出音も大きく変わってきます。(*Anthemに限らず)

取り付けるギターは1970年代のMartin 000-18。まずは取付前にすべての工程を確認します。
現状のサドルですがサドル幅・溝が2,2mm。過去にブリッジ交換されているようで、サドル溝は2,2mmに加工されています。
Martinの純正は2,4mm幅なので、わずか0,2mmですが細くなっています。



AnthemのPU素子は2,4mmほどのサイズなので、現状入らないことはないですが出音が詰まる、モコモコしたり、PU出力バランスが不揃いなどといった原因にも繋がりますのでサドル溝を加工することにします。

まず、ブリッジ材と同じローズウッドで溝を埋め木します。なるべく色合いの近い物を使用。


厚みや幅、高さすべてジャストフィットに。これは技術を要します


そしてオクターヴピッチの確認。専用の道具を使用し、適切な支点をチェックします。
この位置に合わせサドル溝を再度切り出します。


専用の治具を取付け、トリマーで溝を掘る作業です。
この時の切り出す位置や長さ、作業時にブレがないか?など入念に確認。ここで一番時間を要しますかね。
位置を決めたら一度に掘るのではなく、深さを確認しながら回数を分けて掘っていきます。
今回のビットは3,0mmを使用。




溝掘り加工完了。キレイな溝ができました。


PU素子もこのようにスムーズに収まります。


加工した溝は3,0mm、なので3,0mm厚のサドルを新規作成。オクターヴ補正もバッチリです。


その他コンデンサーマイクやコントローラー、電池BOX取付け、配線をまとめて完了です。
PU取付による生音へのマイナスな影響どころか、生のサウンドや音抜けも向上しました。


これまで多くのギターにPUを取り付けてきましたが、やはり経験が物を言うと実感します。
PUの説明書には取付方法が記載されてますが、様々なギターの構造に対してのマニュアルはありませんので、取り付けるにあたりギターの構造を熟知し、バランスを考えながら取り付けしないと本来のポテンシャルは発揮しにくいと言えます。

ドルフィンギターズでは取付けはもちろん、すでに搭載されたPUシステムの出音に不満があり、なんとか少しでも改善したいという方、またはピッチの不安定なギターを少しでも修整したいと言う方のご要望も承ってますので、お気軽にご相談ください。

<恵比寿店>ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ    ギター教室 ギターショップ アンセム

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

まだまだ続く乾燥時期。

リペアについて
この季節特有の修理内容のひとつに、ブレイシング剥がれ。(*ボディ内部の補強材の剥がれ)





原因は様々ですが、キチンと修整することにより楽器の安定や本来のサウンド甦らせることにも繋がります。

夏場は高温多湿により膨張し、冬場は乾燥により収縮するなど木材が歪みやすくなります。
この季節はエアコン暖房によるダメージもありますので、ご自宅が乾燥の激しい場合はその環境にあった加湿器も必要ですし、なるべく気温・湿度のUp・Downの差を少なくすることが望ましい。

人間が心地良いと感じる空間が楽器にとっても良いのです。

チェック方法や日頃の管理方法など、ご興味のある方は店舗までお越しいただけましたらお伝え致します。

<恵比寿店>ドルフィンギターズ    東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ    ギター教室 ギターショップ ギター買取り

コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

最近の記事