大阪江坂ギターショップドルフィンギターズブログ

本日の作業 ヴィンテージムスタングのフレット擦り合わせ

ヴィンテージのフェンダーはラディアス(フィンガーボード上のアール)がキツいのでハイポジションをチョーキングすると、派手に音詰まりを起こす事があります。
そんな場合は、ハイポジションのフレットの真ん中あたりをややフラット気味に擦り合わせて調整するとと解消されます。(フレット上でラディアスをフラットにするイメージです)
個体によっては元々のフレットの高さや弦高の問題で、完全に無くならない場合もありますが気にならないレベルまでは仕上がる事がほとんどです。これでハイポジションのペンタトニックフレーズがストレスフリーで演奏できます。ドルフィンギターズ リペア担当 木曽



コメント(0)
投稿者名
タイトル
コメント

最近の記事