東京 恵比寿、大阪 江坂 国内外のアコースティックギターを中心に常時400本の在庫を誇るプロショップ
Google検索
English

C.F.Martin : 0-18

  • C.F.Martin: 0-18 (0)
  • C.F.Martin: 0-18 (1)
  • C.F.Martin: 0-18 (2)
  • C.F.Martin: 0-18 (3)
  • C.F.Martin: 0-18 (4)
  • C.F.Martin: 0-18 (5)
  • C.F.Martin: 0-18 (6)
  • C.F.Martin: 0-18 (7)
  • C.F.Martin: 0-18 (8)
Slideshow: Play < Previous Next >
  • C.F.Martin: 0-18 (#0)
  • C.F.Martin: 0-18 (#1)
  • C.F.Martin: 0-18 (#2)
  • C.F.Martin: 0-18 (#3)
  • C.F.Martin: 0-18 (#4)
  • C.F.Martin: 0-18 (#5)
  • C.F.Martin: 0-18 (#6)
  • C.F.Martin: 0-18 (#7)
  • C.F.Martin: 0-18 (#8)

現在も少量ながら0-18は生産されておりますが、基本的なデザインはほとんど変わっておらず「不変のデザイン」を持ったギターです。
本器は歴史あるマーティンギターでも人気の高い年代でもある1958年製0-18のヴィンテージ品。
シトカ・スプルーストップ、マホガニー・サイド&バック、ハカランダ・指板&駒、ウェイバリー糸巻き、ロングサドル。
弾けば響く、軽いタッチでも立ち上がりよく、抜群なレスポンスで、高域のコントラストがはっきりしており、ヴィンテージギターの魅力でもあるあたたかくクリアなサウンドが特徴です。シングルオー・ボディながらにレンジが広く、コンパクトなサイズとは思えない抜群なサウンドを持ちます。甘くコクのあるサウンドはヴィンテージにしか成し得ない領域です。
トップの端に木部の修正跡がございますが使用上は問題ございません。全体的に傷やウウェザーチェックがあり、雰囲気抜群です。
年々、良質なヴィンテージマホガニーギターが減っていく今日このごろ、本器は理想的なギターかもしれません。
※ケースが全体にべたつきます



Year
1958年
Condition
EX+
Body
Single 0
Top
Solid Sitka Spruce
Side & Back
Solid Mahogany
Neck
Mahogany
Finger Board
Jacaranda
Bridge
Jacaranda
Bracing
X-Bracing
Back Construction
2p
Neck Width At Nut
1-11/16"(約42.86mm)
Scale Length
24-7/8"(約632mm)
Tuning Machine
Original/Chrome
Rosette
Black & White
Pick Guard
Original Totis
Case
w/HC
修理・改造履歴
ネックリセット(ハイポジションかさ上げ)、ペグ交換、トップリペア、その他詳細はお問い合わせ下さい。
Price
¥380,000 (¥410,400 /税込)

大阪江坂店

  • お見積り・在庫確認
  • My Dolphinお気に入りに登録