東京 恵比寿、大阪 江坂 国内外のアコースティックギターを中心に常時400本の在庫を誇るプロショップ
Google検索
English

WATERLOO (by Collings) : WL-K

  • WATERLOO (by Collings) : WL-K (0)
  • WATERLOO (by Collings) : WL-K (1)
  • WATERLOO (by Collings) : WL-K (2)
  • WATERLOO (by Collings) : WL-K (3)
  • WATERLOO (by Collings) : WL-K (4)
  • WATERLOO (by Collings) : WL-K (5)
  • WATERLOO (by Collings) : WL-K (6)
  • WATERLOO (by Collings) : WL-K (7)
Slideshow: Play < Previous Next >
  • WATERLOO (by Collings) : WL-K (#0)
  • WATERLOO (by Collings) : WL-K (#1)
  • WATERLOO (by Collings) : WL-K (#2)
  • WATERLOO (by Collings) : WL-K (#3)
  • WATERLOO (by Collings) : WL-K (#4)
  • WATERLOO (by Collings) : WL-K (#5)
  • WATERLOO (by Collings) : WL-K (#6)
  • WATERLOO (by Collings) : WL-K (#7)

世界トップレベルのギターメーカー"Collings"の セカンドブランド"Waterloo" (*ウォータールー)
本器は1930年頃にギブソン工場で製作されていたKel Kroydon(ケル・クロイドン)ブランドをモチーフとして、コリングス流のアレンジを加え昇華されたニューモデル、WL-K
スプルース・トップ、マホガニー・サイド&バック、マホガニー・ネック、ローズウッド指板&エボニー駒、ゴールデンエイジ糸巻き、実測1.28kg。

-メーカー解説-
新モデルWL-Kは、重量3パウンド(1.36kg)以下の羽毛並みな軽量さであり、強力なレスポンスを兼ね備えている。WL-Kは1930年頃生産されていたKel Kroydon(ケル・クロイドン)からインスパイアされている。当時このモデルは最高のレスポンスとトーンが得られることを謳い文句としていた。WL-Kは軽量のマテリアルを使用し、さらに薄く削ったブレーシングによって支えている。最小限のラッカーフィニッシュを施したことで、ドライで透明感のあるトーンが生まれオーバートーン・レベルも正しいレベルとなり、プレイヤーにとってちょうどいいニュアンス感を表現出来る。24 7/8"スケールと、ほどよいサイズ感、オーバル・シェイプのネックなどWL-Kはまさにフィンガースタイルのプレイヤーにとっては喜びの1本と言えるが、すぐれた透明感とノートセパレーションは、シンガーソングライターからルーツミュージックまで、どのプレイスタイルにも対応できる。ネック内に入るカーボンファイバー製T-Barが安定感を与え、エネルギーをボディへと返し、振動を体感できる。全WL-Kは念入りにセレクトしたスプルーストップ、マホガニー・サイド&バック材を使用。ライトシェードのトップフィニッシュ、ヴィンテージスタイルのロング・サドル。このモデルの軽量感とレスポンスをキープするために、弦は最大でも.011” -.052”までを推奨。
Waterlooの「質感」。
完 璧なるアコースティックギターを製作するコリングス・ギター。その拘りの様と言ったら驚愕する程に突き抜けている。極薄のヴァーニッシュ塗装もトップの 表面を光沢を持たせたいが為に、刷毛塗り、タンポ刷りではなく、スプレーで塗布し、バフをかけられるように独自のレシピで構築する。ブレイシングすらも上 品に綺麗に見えるようにペーパーを当て造形美を与えたのも、アコギ界においてコリングスが始めて行った事である。
そ んなコリングスが言うには、このWaterlooを製作するにあたって、一番苦労したのは「汚く」仕上げる事であったと言う。極薄のラッカー塗装。ブレ イシングを貼付ける際のボンドはワザと汚くはみ出させたり、ブレイシング、トップ材など敢えて意図的にラフに仕上げている。何故「汚く」仕上げるベきで あったか?その楽器の方向性にルックスをも従順にさせる事であり、 見た目でそのサウンドを思い浮かばせる事。そして、当時の職人達が築いた職人魂へのリスペクトでもある。言い換えるなら、試行錯誤の苦労の元に築き上げた5つ星シェフが、見栄えの汚い料理を作る事に抵抗が有る事と似ているかもしれない。例え、見栄えの悪い料 理を意図的に出されたとしても、その味は、その人間が作るのならば間違いがないと言う「信頼感」は受け手側に存在する。このような事が出来るのは、「勇気」と築き上げて来た「自信」があるからだ。そして、ビル・コリングスから感じるのは、その当時のギターへの「愛情」が豊富に感じる。何故、コリングスがWaterlooを市場に発表したのか?
企業アイデンティティの表れである。ある程度の地位を築き上げた企業が、双璧を成すものをドカンと見せる事が出来るのか?これが、ビル・コリングスと言う男なのだ。なかなか出来る事では無い。Waterloo。その誇り高き「勇気」の音がする。この音は、絶対的に真似は出来ぬだろう。比較される対象物は、見れば分るだろう。しかし、軽く超越している。
これこそが、Waterlooの真の「質感」。



Condition
NEW
Top
Solid Spruce
Side & Back
Solid Mahogany
Neck
Mahogany
Finger Board
Rosewood
Bridge
Ebony
Bracing
X-Bracing
Back Construction
2p
Neck Width At Nut
1-3/4"(約44.45mm)
Scale Length
24-7/8"(約632mm)
Tuning Machine
Golden Age
Rosette
Black & White
Weight
1.28kg(実測)
Case
w/OHC
Price
¥380,000 (¥410,400 /税込)

大阪江坂店

  • お見積り・在庫確認
  • My Dolphinお気に入りに登録