HAYASHI GUITARS

Hatsune Crossover Cutaway

NEWケース有り東京恵比寿店MOVIE日本

林ギターズのオリジナル・シェイプのジャズナイロンモデル、Hatsune Crossover Cutaway

Sold Out

DESCRIPTION

1983年に最初のアコースティックギターを製作、本職の傍、年に1〜2本のペースでギターを製作。1997年より本格的な製作活動を開始、Kent Everet氏、Robert O’Brien 氏、アーヴィンソモギ氏の元を訪れ製作指導、中でもジョングレーベン氏には懇切丁寧に指導を受ける。
2017年より、東京都福生に工房を構えHAYASHI Guitarsを設立、年間7〜8本程と極少数のスティール、ナイロン弦を製作している。

本機は林ギターズのオリジナル・シェイプのジャズナイロンモデル、Hatsune Crossover Cutaway。

トップ:ルッツ・スプルース
サイド&バック:タスマニアン・ブラックウッド
ネック:マホガニー(アジャスタブルロッド)
指板:エボニー
ブリッジ:マダガスカル・ローズウッド
ペグ:Schertler Classical Guitar Tuning Keys
その他:スロテッド・ヘッド、12フレットジョイント、アジャスタブルロッド、48mmナット幅、643mmスケール、牛骨ナット・サドル

薄ボディならではの抱えやすさ、高いポジションでのコードワーク容易に行える操作性、48mmナット幅はエレキ、アコギからの持ち替えでも違和感なくお使いただけるでしょう。
ルッツ&ブラックウッド材のコンビネーションから鳴る軽快で立ち上がり良いサウンド、どのポジションでもストレスなくスムーズで伸びやかな音色、フィンガースタイルのみならず、フラットピックでの速いパッセージでもしっかり鳴り、歌の伴奏にもお使いだけます。
薄ボディならではな軽快なトーンと手工ギターらしい上質なサウンドを兼ね備えたエレガットと言えるでしょう。
フラットピックでの早いパッセージやジャズやポップスの歌伴奏にも対応し、一般的なクラシックギターとは一線を画し、取り回しの良さも抜群です。

Specification

ConditionBrand New
BodyJazz Nylon 12Fret
TopSolid Lutz Spruce
Side & BackSolid Tasmanian Blackwood
NeckMahogany
Finger BoardBlack Ebony
Bridge Madagascar Rosewood
BracingFan Bracing
Back Construction2p
Neck Width At Nut48mm
Scale Length643mm
Tuning MachineSchertler
RosetteTasmanian Blackwood
Casew/OHC