HEADWAY

2019 HOM-115DB II

2019年製N.MINTケース有り大阪江坂店日本

手に残る弾きごたえ、思ったとおりに鳴る感触。HD-115を上回る迫力のサウンドと弾きやすさを両立するディープボディリミテッドOM!

Price: ¥275,000(税込)

DESCRIPTION

ASKA TEAM BUILD
ヘッドウェイ創始期より腕を振るい続けるマスタービルダー百瀬恭夫とともに、その製作理念・技術を肌で感じ、習得したビルダー達によるカスタムライン。
本器は20本限定製作モデルの2019 HOM-115DB IIのUSED品。

デッドストック・レッド・スプルーストップ、キングウッドS&B(バックセンターはグラナディロ)、ホンジュラス・マホガニー1Pネック、エボニー指板&ブリッジ&PG、Gotohオープンバックペグ、グロスフィニッシュ仕様。

2019 HOM-115 DB IIにはキングウッドをボディのサイド・バックに、さらにグラナディロをバック材のセンターに使用した3ピースバック仕様。重厚できらびやかな高音域が残ります。HOM/DBシェイプと相まって、指弾きでも表情豊かなサウンドを生み出します。
ヘッドウェイのストックの中でも選ばれた材だけを使用しました。高音から低音までしっかりと鳴り、HDシェイプに勝るとも劣らない迫力がこのモデルの特徴です。
目立つ傷も殆どない新品のようなコンディションでの入荷、お探しだった方はお急ぎ下さい!
-メーカー解説-
常に変化を求め、より良いギターを作り上げることを主題として取り組むヘッドウェイの職人。より弾きやすく、鳴りを生み出すギター構造として2019年に取り組むのはHOM/DBシェイプです。

基本となるボディの形状はHFと同様くびれの深いアウトライン。そこへ2019年限定仕様として648mmスケールでネックを組む、HOMモデルがベースとなります。さらに、サウンドの広がりをコントロールするボディ厚をHDシェイプ同等に設定しました(DB = Deep Body *ボディエンド部分で約117mm程度)

HOMボディの内部、表板のブレイシングは近年積極的にヘッドウェイが採用しているAdvanced Rear Shifted X Bracing(ARSブレイシング)を基本として、Xの交差位置をわずかにサウンドホールに寄せた「セミリアシフト」仕様になりました。

これら仕様を踏まえて仕上げられたギターは今までのヘッドウェイとは一味違った弾き味、弾きごたえを持ちます。抱えた時のスムーズさと、ストロークしたときの鳴りの深さ、豊かな低音が魅力です。
2019年ヘッドウェイの自信作です。

《限定モデル仕様》
1.古材レッドスプルーストップ
ボディトップには長く乾燥・保管されていたヘッドウェイ秘蔵のレッドスプルースを使用。倉庫の中で50年以上にわたり保管され続けていたレッドスプルースは目が詰まって均質なもの。今回の限定モデルに相応しい木材として特に厳選したものを使用いたします。 サウンド面のメリットだけでなく、木材が持つ質感、雰囲気も限定モデルならではの荘厳なものです。

2.キングウッド+グラナディロ 3ピースバック
キングウッド、グラナディロというとどちらも少し耳馴染みが無い木材かもしれません。しかしどちらもマメ科広葉樹で硬質、クラリネットやオーボエといった木管楽器の高級機種に用いられたり、古くは家具に使われたりと、楽器としての素質はもとより外観上の魅力も認められた木材です。 どちらの木材もギターの素材としては比較的硬質で、その特徴がサウンド面に影響しています。

3.ホンジュラスマホガニーネック
既に希少で物量が著しく乏しい状況となって久しいホンジュラスマホガニーをネックに使用しました。一本の角材から一本のネックを削り出す贅沢なワンピースネック仕様です。

Specification

Year2019年
ConditionN.MINT
BodyOM Deep Body
TopSolid Dead Stock Red Spruce
Side & BackSolid Kingwood / Back Center Granadillo
NeckHonduras Mahogany
Finger BoardEbony
BridgeEbony
BracingScalloped Advanced Rear Shifted X Bracing
Back Construction2p
Neck Width At Nut43mm
Scale Length648mm
Tuning MachineGotoh
RosetteBlack & White
Pick GuardTortoise color
Casew/OHC
修理・改造履歴詳細はお問い合わせください。