Dowina

CCBL-GAC-DS

NEWケース有り大阪江坂店MOVIEスロバキア

東欧スロバキアの手工ヨーロピアン・アコースティック、Dowina(ドウィナ)。上位機種のココボロシリーズ。

Price: ¥330,000(税込)

DESCRIPTION

東ヨーロッパの内陸国、スロバキアの首都ブラチスラバ近郊に工房を構えるDowina(ドウィナ)。
日本と同じように明確に四季がある、豊かな自然の中で製作されているハンドメイド・ブランドです。ブラチスラバとウィーンの近郊、ドナウ川とモラヴァ川が交差する中州にある、今ではDEVIN城と呼ばれる古城Dowinaがブランド名の由来です。
本器はDowinaのトップルシアーが全てを手掛けるフラッグシップモデル、MASTER SERIESのココボロ仕様、CCBL-GAC-DS

ドロミテ・スプルース・トップ、ニカラグアン・ココボロ・サイド&バック、マホガニー・ネック(エボニー補強)、エボニー指板&駒、ゴトー510糸巻き、サイドバックはサテン・フィニッシュ。

水よりも比重が高く、水には浮かない密度の高い木材のことを"沈木"と呼び、古来より楽器の胴材に相応しい材料として知られています。ココボロは言わずと知れた沈木のひとつで、希少で高価な中央アメリカ原産。ローズウッドと近しい材種ながら比重はより高くより重い材料で、ココボロの胴を持つギターは、レスポンスの良さと倍音の豊かさ、きらきらとした硬質な音色が特徴になります。
Dowinaのマスターシリーズはニカラグア産出のココボロをサイドバックに使用しております。元来Dowinaのギターが持つ低音域から高音域まで均一に鳴る特質に、さらにフィンガー・ピッキングに合う要素が加わっています。
トップ材のドロミテ・スプルースは、イタリア北東部にある山地で、東アルプス山脈の一部であるドロミテ地方で産出したスプルース。古くからストラディバリなど名のあるヴァイオリンなどに使われるスプルースのみがこう呼ばれます。
シンプルかつ素朴ながら明るくゆかしい東欧独自の造形美。ヨーロピアンハンドメイドギターとしては圧倒的なコストパフォーマンスも魅力の注目ブランド、ぜひお試しください!

Specification

ConditionBrand New
BodyGrand Auditorium Cutaway
TopSolid Dolomites Spruce
Side & BackSolid Nicaraguan Cocobolo
NeckGenuine Mahogany with ebony reinforced
Finger BoardEbony
BridgeEbony
BracingX-Bracing
Back Construction2p
Neck Width At Nut45mm
Scale Length648mm
Tuning MachineGotoh 510
RosetteAbalone
Pick GuardClear Half Matte
Casew/OHC