aNueNue

LS800 Designed by Sugita Kenji

NEWケース有り東京恵比寿店MOVIE中華人民共和国

"aNueNue x 杉田健司" 日本の名工 杉田健司が設計したフューチャーシリーズ。

Price: Sold Out

DESCRIPTION

台湾のギター&ウクレレメーカー アヌエヌエ
日本ではスモールサイズのギターやウクレレでも知られているメーカーです。
アヌエヌエ社より日本の名工 杉田健司に設計を依頼し、誕生した LS-Acoustic Future Seriesはまさに杉田健司の技術(サウンド)が注がれた至高のシリーズです。
本器は最上位モデル LS800

ムーンスプルースTOP、ココボロS&B、マホガニーネック(アジャスタブルロッド)、エボニー指板&ブリッジ、ベベルド カッタウェイ、640mmスケール、44mmナット幅、パデゥーク ウッドバインディング、Gotoh510ペグ、グロスフィニッシュ仕様。

杉田健司氏が直に現地を訪問し、デザインや設計を指導し、ブレイシングパターンやトップ・サイド・バックの厚みなどのバランス、杉田式ネックジョイントなどなど、サウンドに影響する最も重要な部分は全て名工による設計であります。
各部のデザインはもちろん、サウンドに至るまで全てSUGITA KENJIに近いフィーリングであり、このサウンドクオリティは絶品です。

アヌエヌエ 杉田健司
ボディサイズはOMとほぼ同じであり、一般的なOMに比べ約10mmほど厚胴で、くびれから肩周りはややコンパクトな形状となっております。
トップ材はヨーロッパ産の上質なスプルース(ムーンウッド)が使用されており、ブレイシングパターンは杉田健司デザイン。杉田氏の指導により、内部に至るまで丁寧で高い木工精度です。

アヌエヌエ 杉田健司 ココボロ
本モデルには最高グレードのココボロが使用されており、まさにこれ以上ないと言えるほどの素晴らしいココボロ材です。重量級の音響特性を持つココボロが、厚みある上質なサウンドを放ちます。

アヌエヌエ 杉田健司 ココボロ
サイド材も柾目のココボロです。何度も言いますが最高級グレードであります。
バインディング材は赤みの強いパドゥーク。ベベルドカッタウェイは小さなコンター加工でありますが、ハイポジションを弾く際に効果も実感できます。
さらに、本器LS800とLS700はSUGITA KENJIと同じくヒールレスジョイント方式を採用しており、従来よりも背の低いネックヒール形状ですが、十分な強度を確保しておりジョイント部の不安もありません。このヒール形状はハイポジションでの演奏性を格段に高める 杉田式ネックジョイントです。
*一般的なギターにカポタストを装着する際 多くは11Fまでしか装着できませんが、このヒールレスなら13Fまでカポタストの装着を可能とします。それほどハイポジションまで左手が入り、運指を楽にするとお考えください。

アヌエヌエ 杉田健司 ココボロ ヘッド
ヘッドシェイプも名工のデザインであり、SUGITA KENJIのヘッドストック同様のコンター加工やペグ配置バランス、アングル、そして厚みなどすべてが計算された設計です。ヘッドプレートはココボロ。S&B材とのマッチングです

アヌエヌエ 杉田健司 ココボロ ヘッド
サウンドホールロゼッタはなく、寄木細工はトップ材に埋め込みした杉田健司お得意の装飾です。フレットや指板端の処理もSUGITA KENJIのように丁寧な面取りを施しており、フィンガリング、ポジション移動の際に滑らかな感触を実感していただけるでしょう。

"aNueNue x 杉田健司"在庫リストはこちら

Specification

ConditionBrand New
TopSolid Moon Spruce
Side & BackSolid Cocobolo (Master Grade)
NeckMahogany (Adjustable Rod)
Finger BoardEbony
BridgeEbony
BracingOriginal Bracing (Sugita Kenji Design)
Back Construction2p
Neck Width At Nut44mm
Scale Length640mm
Tuning MachineGotoh 510Z
RosetteBird Design Yoseki Zaiku Marquetry
Casew/OHC