SWITCH RSDシリーズ トリファイドスプルース編

進化し続けるSWITCH CUSTOM GUITARS
材料の上質さはもちろん、製作ごとにアップグレードしサウンド面で向上し続けております。
数あるラインナップの中でも2013年の最初期に誕生したRSDシリーズです。

RSD-50 Torrefied Adirondack Spruce

ナチュラルカラーのRSD-50です。トップ材はトーリファイド加工を施したアディロンダックスプルースを使用し、サイド&バック材はホンデュラスマホガニーという拘りのマテリアルです。
トーリファイド加工は人工的に乾燥させた特殊な加工で、その効果は明らかであり、レスポンスの早さや何年も弾き込んだかのようなトーンのニュアンスが感じられます。ルックス的にも焼けた感が見られますのでこのような色合いになります。(ベイクドスプルースという表記も同じく人工乾燥された物です)

フィニッシュは極薄のオールラッカーでヴィンテージ仕上げです。(以前はハイグロスの仕上げでしたが2019年モデルより変更してます) ネックは1ピースのアフリカンマホガニー、指板はマダガスカルローズ(指板Rは12インチ)、ブリッジ材はブラジリアンローズ、ナット・サドル材は牛骨を使用。

RSDシリーズはナチュラルカラーのRSD-50にサンバーストなどカラーリングのRSD-45とありますが、さらにナット幅は43mmのレギュラーネックと39mmのナローネックとあります。
ブリッジは固定式のスロットサドルにアジャスタブルサドルとブリッジも2パターンあり、いつくかのバリエーションがあります。
アジャスタブルサドルは弦高調整が容易という事もありますが、アジャスタブル式ならではのキレ味鋭いサウンドが好みの方も多いですね、またはドッシリと、よりローミッドが分厚いサウンドが好みの方はスロットサドルを選ぶ事が多いでしょう。
スロットサドルの場合は牛骨を使用し、アジャスタブルサドルはセラミックとなります。

現在は全モデルにSWITCHオリジナルのステンレスフレットを採用しており、一般的なニッケルシルバーのフレットよりも耐久性が高く、ヘビーユーザーの方でもフレットの減りが少ないため長期的なメンテナンスフリーを実現してます。ステンレス素材ですので変色や錆もなく、徹底的な研磨作業で仕上げているので常に美しく輝いているフレットです。

肝心のサウンドですが、ぜひ店頭でお試しください!この迫力やサウンドニュアンスは気に入っていただけるかと思います。
最新のRSD-50 サウンドデモ動画もお聴きください。

SWITCH RSDシリーズのストックリストはコチラからご覧いただけます

ドルフィンギターズ  スイッチギター トーリファイドスプルース ベイクドスプルース 東京    恵比寿    ギター    アコースティック    ウクレレ   ギター教室 ギターショップ 修理 リペア ルシアー