IWASHITA MANDOLINS&GUITARS

A-4-Type

NEWケース別売り大阪江坂店日本

山梨県のルシアー、岩下 寛(いわした ゆたか)主宰、IWASHITA MANDOLINS&GUITARS、ロープパーフリングの可愛い新作A-4-Type

Price: Sold Out

DESCRIPTION

山梨県のルシアー、岩下 寛(いわした ゆたか)主宰、IWASHITA MANDOLINS&GUITARS。日本でも非常に珍しいマンドリン製作家の一人です。
本器は、1910年代を彷彿とさせるクラシカルなマンドリン、A-4-Typeにロープバリンディングをオプションで追加致しました。。
カルパチアン・スプルース・トップ、ヨーロピアンメイプル・サイド&バック、メイプル・ネック、エボニー・フィンガーボード&ブリッジ、シェラック・フィニッシュ。
1910年代のヴィンテージギブソンを彷彿とさせる味わい深いブロンドフィニッシュ、クラシカルなロゼッタ、ややワイドな30mm幅を持つVネック、まるでタイムマシンで持ち帰ったかのような雰囲気です。今回はヘッドとトップ&バックにロープパーフリングを追加致しました。
トップは上質のカルパチアン・スプルースを、サイド&バックに綺麗な杢を持つヨーロピアン・メイプルを使用、非常に優美なアーチのラインは、木の振動を妨げる事の無い、伝統的な”削りだし製法”で仕上げられております。
フィニッシュは、非常に手間のかかる、”シェラック”を採用、その薄さ故にウェザーチェクや傷が入りやすく大変デリケートですが、ボリューム感のあるウッディでまろやかな響きになり、弾き込む事で味わいが増していくことでしょう。
束縛感のないオープンアップでたっぷりとしたオーバルホールサウンドは、トレモロ奏法にぴったり、ジャズなんかを弾いてもキマリそうです。
日本でも非常に少ないハンドメイドのマンドリン工房、この”味わい”は手に取ったプレイヤーにしか分からない魅力でしょう。一生モノに相応しい作品を是非!

本商品の塗装はラッカーと比較するとかなりデリケートになっております。特に夏場や湿気・気温の高い場所で塗装の変化が起こりやすく、スタンド(ネックやボディに密着する箇所)やケース内部の内張、クリップ式チューナー(ゴムの部分)と反応を起こす事があります。シェラック塗装の特性となり、これらは保証対象外となりますのでご了承下さい。もちろん演奏上の問題はございません。
演奏後は、ペグに紐をくくり付け、壁に引っ掛けるなど、ネックやボディに接する箇所を極力減らしケース保管はなるべく避けて下さい。
ポリウレタンやラッカー塗装と比較すると扱いが難しいですが、ウッディでまろやか、木の温かみが感じられるトーンは、シェラック塗装でしか味わえないものとなります。

Specification

ConditionNEW
BodyA-Type
TopSolid Carpathian Spruce
Side & BackSolid European Maple
NeckMaple
Finger BoardEbony
BridgeEbony
Bracing--
Back Construction2p
Neck Width At Nut30mm
Scale Length355mm
Tuning MachineOriginal/Chrome
Rosette--
Pick Guard--
Pick Up--
Controls--
Weight--
Caseケースは別売となります
PriceSold Out