C.F.Martin

D-35

1979年製EX+Vintageケース有り大阪江坂店アメリカ合衆国

実はファンの多い、優しいサウンドのドレッドノート。

Price: ¥275,000(税込)
Hold

DESCRIPTION

1965年から生産が開始されたD-35。元はと言えば当時のハカランダ枯渇により生まれた3ピースバック構造のD-35ですが、インディアンローズウッドになってからもその見た目、サウンドから現代もなおファンの多いモデルです。2015年には発売50周年記念として「D-35 Jacaranda 50th Anniversary model」も発売されました。
本器はそんなD-35の1979年製ヴィンテージ。

シトカ・スプルース・トップ、インディアン・ローズウッド・サイド&3ピースバック、マホガニー・ネック、エボニー・フィンガーボード&ブリッジ、シャーラー糸巻き。

D-28との決定的な違いは、D-35のトップバックのブレイシングに00や000に用いられる細いものが採用されている点。それにより生み出される繊細で甘いサウンドは、3フィンガーでのきらびやかな高音域、特にそのバランスの良さと優しい音色は「歌もの」の伴奏に於いてはピカイチでしょう。
なんとなく3ピースバックに意識が行きがちですが、サウンドの好みで"ニッパチ"と"サンゴー"を探してみるのもヴィンテージマーチンの楽しみ方の一つです。
また、ボディサイドにも細かいストライプのトリムが入り、指板までバインディングで飾られたD-35は、抱えた時に好きな方にはグッとくる眺めです。白セルに黒のサイドポジですので視認性も良好。
全体的に年式相応の使用感や、ウェザーチェックも現れており、十分にヴィンテージの雰囲気を楽しんでいただける一本です。ネックコンディションはすこぶる良好で、現代的な弦高にセットされており、さらにはL.R.Baggsの現行モデル、Lyricも搭載しているのでとても実用的なヴィンテージと言えるでしょう。
そろそろヴィンテージマーティンを一本、いかがでしょうか。

Specification

Year1979年
ConditionEX+
BodyDreadnought
TopSolid Sitka Spruce
Side & BackSolid Indian Rosewood
NeckMahogany
Finger BoardEbony
BridgeEbony
BracingX-Bracing
Back Construction3p
Neck Width At Nut1-11/16"(約42.86mm)
Scale Length25.4"(約645.16mm)
Tuning MachineSchaller
RosetteBlack & WhIte
Pick GuardBlack
Pick UpL.R.Baggs・LYRIC
Casew/OHC
修理・改造履歴ブリッジピン交換、ピックガード 交換、他詳細はお問い合わせください。