東京 恵比寿、大阪 江坂 国内外のアコースティックギターを中心に常時400本の在庫を誇るプロショップ
Google検索
English

C.F.Martin : D-35

  • C.F.Martin: D-35 (0)
  • C.F.Martin: D-35 (1)
  • C.F.Martin: D-35 (2)
  • C.F.Martin: D-35 (3)
  • C.F.Martin: D-35 (4)
  • C.F.Martin: D-35 (5)
  • C.F.Martin: D-35 (6)
  • C.F.Martin: D-35 (7)
  • C.F.Martin: D-35 (8)
Slideshow: Play < Previous Next >
  • C.F.Martin: D-35 (#0)
  • C.F.Martin: D-35 (#1)
  • C.F.Martin: D-35 (#2)
  • C.F.Martin: D-35 (#3)
  • C.F.Martin: D-35 (#4)
  • C.F.Martin: D-35 (#5)
  • C.F.Martin: D-35 (#6)
  • C.F.Martin: D-35 (#7)
  • C.F.Martin: D-35 (#8)

1965年から生産が開始されたD-35。当初ハカランダ材の節約から誕生した個性的なモデルとして現在もフォークシンガーに愛され続けています。 本器は、なかなか出ない1980年製。
シトカスプルーストップ、インディアンローズウッドS&B、ノンスキャロップXブレイス、マホガニーネック(SQロッド)、エボニー指板&ブリッジ、シャーラー製オリジナル糸巻き。
冒頭でも触れておりますが、もともとはハカランダ材を節約すべく誕生したモデルですが、”D-28”や”D-18”と違うスモールサイズ用のブレイシングを採用する事により、サウンドの差別化を図りました。その為、”無骨さ”が一切なく優しくバランスの良いトーンが得られ、3フィンガーなどで使用するミュージシャンが多いのも頷けます。
また、1980年は電子ミュージックの到来の時代という事もあり、世界的にアコースティックギターの生産台数が少なく、マーティンも例外ではありませんでした。その為質の良い個体が多く、1980年代を狙うマーティンマニアが後を絶ちません。
本器も非常にしっかりとした音色で安心感を覚えるサウンドです。バランスの良い35のトーンはフィンガーにぴったりでしょう。
ネック周りに集中的な弾き傷など細かい傷はございますが、クラックなどは無く、ネックコンディションは非常に良好です。
なんとブルーケースも付属で、なかなか市場に出てこないレア年のマーティン、往年のマーティンサウンドを是非お試し下さい!

Year
1980年
Condition
EX
Top
Solid Sitka Spruce
Side & Back
Solid Indian Rosewood
Neck
Mahogany
Finger Board
Ebony
Bridge
Ebony
Bracing
X-Bracing
Back Construction
3P
Neck Width At Nut
1-11/16"(約42.86mm)
Scale Length
25.4"(約645.16mm)
Tuning Machine
Schaller
Rosette
Black & White
Pick Guard
Black
Case
w/OHC
修理・改造履歴
フレット交換、その他詳細はお問い合わせください
Price
SOLD OUT

大阪江坂店

  • お見積り・在庫確認
  • My Dolphinお気に入りに登録